パキスタンでテロに遭いました

個数:

パキスタンでテロに遭いました

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 174p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801300040
  • NDC分類 916

内容説明

パキスタンにはフンザというとても美しい谷がある。特に春は杏の花が咲き乱れ、まるで桃源郷のようだと、旅行者の間では有名な場所だ。その地を訪れたいと考えた著者(女・20代)は、パキスタンへ旅立つことを決心する。2012年当時、パキスタンは治安悪化の兆しはあったものの、外務省の海外安全ホームページでも「渡航延期勧告」は出されていなかったため、慎重に準備をしていけば大丈夫だろうと考えたのだ。ところが、この判断が著者の人生を変えることとなる。パキスタンでフンザに向かうバスに乗っていたところ、突然イスラム教徒の男たちに襲撃されたのだ!

目次

パキスタンへの旅行計画
イスラマバードでホームスティ
イスラム教圏での「女ひとり旅」は大変か
ぶしつけな視線
いざフンザへ
谷底の襲撃者
生きるために逃げる
地図にも載らない村
軍による救出
情熱の男モハバット
セレナホテルに軟禁されて
安全地帯の日本人旅行客
イスラマバードへの帰還

著者紹介

野上あいこ[ノガミアイコ]
1985年1月11日生まれ。東京都出身。信州大学医学部を中退後、メタルコアバンドのベーシストとして都内を中心にライヴ活動を行う。現在はバンドを離れ、新たな音楽を作るべく世界中で音のサンプルを収集中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)