経験と出来事―メルロ=ポンティとドゥルーズにおける身体の哲学

個数:
  • ポイントキャンペーン

経験と出来事―メルロ=ポンティとドゥルーズにおける身体の哲学

  • 小林 徹【著】
  • 価格 ¥6,600(本体¥6,000)
  • 水声社(2014/10発売)
  • 読書週間 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 120pt
  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 405p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784801000698
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0098

内容説明

揺れ動く“身体”―「経験」に根差したメルロ=ポンティの「内部の思考」と、絶えず「出来事」へと滑り込んでいくドゥルーズの「外部の思考」とを往還しながら、現代における“身体”の在り処を指し示す野心作。

目次

序論
第1部 意味の発生(世界の経験;語る言葉と語られた言葉;言葉と沈黙;意味の論理学;出来事の実現と反実現;思考の発生学)
第2部 肉と襞(世界の奥深さ;“肉”の存在論に向けて;“意識”の哲学―レイモン・リュイエル;“情報”の哲学―ジルベール・シモンドン;世界という卵;襞から襞へ)
第3部 幻覚的瞬間(現象的領野;スタイルの発生;線の冒険―メルロ=ポンティとアンリ・ミショー;精神の試練―ドゥルーズとアンリ・ミショー;絵画の力;運動と時間―二つの映画論)
結論

著者等紹介

小林徹[コバヤシトオル]
1975年、東京都に生まれる。パリ第一大学大学院哲学科博士課程修了。博士(哲学)。専攻、フランス現代哲学。現在、慶應義塾大学ほか非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。