経験と出来事―メルロ=ポンティとドゥルーズにおける身体の哲学

個数:

経験と出来事―メルロ=ポンティとドゥルーズにおける身体の哲学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月18日 17時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 405p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784801000698
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0098

内容説明

揺れ動く“身体”―「経験」に根差したメルロ=ポンティの「内部の思考」と、絶えず「出来事」へと滑り込んでいくドゥルーズの「外部の思考」とを往還しながら、現代における“身体”の在り処を指し示す野心作。

目次

序論
第1部 意味の発生(世界の経験;語る言葉と語られた言葉;言葉と沈黙;意味の論理学;出来事の実現と反実現;思考の発生学)
第2部 肉と襞(世界の奥深さ;“肉”の存在論に向けて;“意識”の哲学―レイモン・リュイエル;“情報”の哲学―ジルベール・シモンドン;世界という卵;襞から襞へ)
第3部 幻覚的瞬間(現象的領野;スタイルの発生;線の冒険―メルロ=ポンティとアンリ・ミショー;精神の試練―ドゥルーズとアンリ・ミショー;絵画の力;運動と時間―二つの映画論)
結論

著者等紹介

小林徹[コバヤシトオル]
1975年、東京都に生まれる。パリ第一大学大学院哲学科博士課程修了。博士(哲学)。専攻、フランス現代哲学。現在、慶應義塾大学ほか非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。