歴史新書
世界を見た幕臣たち―幕末遣外使節団の軌跡

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784800313133
  • NDC分類 210.59
  • Cコード C0221

内容説明

坂本龍馬や新選組は出てこないけれど、彼らのことを知らなければ幕末日本を理解したことにはならない―。ペリー来航以降、欧米列強との関係が最大の懸案となるなかで、七度にわたって海を渡った幕府の遣外使節団。その体験と持ち帰った知識は、その後の日本に大きな影響を与えていた!未知の文化や列強との難交渉に悩まされた人間ドラマからたどる幕末秘史。

目次

序章 世界を見た三人の漂流者―遣外使節団前史
1章 一八六〇年 万延遣米使節団
2章 一八六二年 文久遣欧使節団
3章 一八六四年 文久遣仏使節団
4章 一八六六年 慶応遣露使節団
5章 一八六七年 慶応遣欧使節団
終章 岩倉使節団に結実した幕府外交の志

著者等紹介

榎本秋[エノモトアキ]
東京都生まれ。WEBプランニング、ゲーム企画、書店員を経て、現在は著述業。日本史やライトノベルについて造詣が深く、専門学校・カルチャースクールでの小説家志望者に向けた教育・講義活動にも熱心。近年は福原俊彦名義で時代小説の執筆を始め、『露払い仇討探索方控』(幻冬舎)などを刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本書では、これまであまり取り上げられてこなかった、幕府が派遣した「海外使節」を扱う。数度の海外使節で幕臣たちが見たものは非常に衝撃的で、維新後の政治や産業革命にも少なからず影響を与えた。使節団や関わった人物による、幕府視点の「もうひとつの幕末史」を描く。