宝島社新書<br> カラー版 重ね地図で愉しむ大阪「高低差」の秘密

個数:

宝島社新書
カラー版 重ね地図で愉しむ大阪「高低差」の秘密

  • ウェブストアに414冊在庫がございます。(2019年01月17日 11時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784800288660
  • NDC分類 216.3
  • Cコード C0225

内容説明

半透明の特殊仕様地図で、過去と現代を透かして見ることにより、大阪の変遷がひと目でわかるオールカラーの街歩き新書です。太古の大阪は大部分が海でした。5000年前頃からしだいに陸地化し、上町台地を中心に地形が激変した経緯があります。そんな歴史が刻まれた大阪を、「キタ」「ミナミ」「上町台地周辺」「天王寺周辺」の4パートに分け、14のコースを設定して歴史の変遷を紹介。江戸時代以前に、今の大阪駅がある場所には何があったか?道頓堀周辺に芝居小屋がたくさん集まったのはなぜか?大阪城と天王寺の間に寺が密集しているのはなぜか?大阪繁栄の秘密がわかる歴史散歩に便利なポケット版ビジュアルガイドブックです。

目次

まえがき 上町台地と周囲の低地を開発するなかで育った大阪らしさ
大阪広域地図・市街地図
0 商人の町、大阪は地形がつくった
1 キタ
2 ミナミ
3 上町台地周辺
4 天王寺周辺

著者等紹介

梅林秀行[ウメバヤシヒデユキ]
1973年、名古屋市生まれ。京都高低差崖会崖長。NHK『ブラタモリ』など歴史地理に関するテレビ番組に多数出演。「まちが居場所に」をモットーに、散歩から感じた物語を大切にしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「江戸の大名屋敷」「京都」に続く、歴史・重ね地図シリーズ第3弾です。厚手のトレーシングペーパーを紙面に重ねる仕様により、大阪の現代地図と古地図を透かして見ることができるカラー新書です。NHK『ブラタモリ』出演多数、京都高低差崖会の梅林氏が、大阪の「高低差」にまつわる秘密をわかりやすく解説します。「高低差」を味わうための14コースを設定し、梅林氏が実際に歩きながら、大阪各地の歴史的な変遷を「高低差」に絡めて読み解きます。