宝島社新書<br> 小林節の憲法改正試案

個数:
  • ポイントキャンペーン

宝島社新書
小林節の憲法改正試案

  • 小林 節【著】
  • 価格 ¥815(本体¥741)
  • 宝島社(2016/12発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月21日 15時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784800264534
  • NDC分類 323.149
  • Cコード C0232

出版社内容情報

結社の自由の否定、緊急事態条項の創設、立憲主義の否定、不平等選挙の合憲化、
などなど、自民党の憲法改正草案の問題点を明らかにして生きた小林節。
この小林節が、自らの憲法改正試案をあきらかにします。
憲法の本来あるべき立憲主義にのっとりつつ、一方で、「9条は改正し海外派兵が
できない自衛軍を創設せよ」と主張する小林節。
ついに、自らの集大成的意味を持つ、憲法改正試案が上梓されます。

内容説明

リベラルで保守派の憲法学者、小林節による憲法改正試案。憲法の基本さえ否定した自民党の憲法改正草案。それを批判してきた小林節が、立憲主義と平和主義に立脚し提案する。現在の日本国憲法の優れている部分を引き継ぎつつ、その欠点を改正した憲法改正試案がついに明らかになる。第9条には「自衛軍」を明記。自衛のためには海外で戦うことも認める。しかし国連決議以外の海外派兵は一切禁止。現代の国際情勢を踏まえつつ、いかに日本を守り、現制度を維持し発展させていくか。戦後70年以上の平和を守ってきた日本国憲法と日本を、次の段階へ押し上げる憲法改正試案である。

目次

第1章 自民党の憲法改正草案の問題点(中国に表現の自由がない法的理由;自民党草案で中国と同じ表現のない国になる ほか)
第2章 絶対に不可欠な基礎知識の再確認(人権とは何か?;誰もが幸せになる権利を持っている ほか)
第3章 私の憲法改正試案の要点(表現の自由は「自由と民主主義」の不可欠な前提である;憲法は主権者国民の意思として権力担当者を統制する規範である ほか)
第4章 小林節の憲法改正試案の全文
第5章 憲法改正試案対照表(小林節の憲法改正試案、現行「日本国憲法」、自民党の憲法改正草案)

著者等紹介

小林節[コバヤシセツ]
1949年東京都生まれ。1977年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。ハーバード大学ロー・スクール客員研究員等を経て、1989~2014年慶應義塾大学教授。その間、北京大学招聘教授、ハーバード大学ケネディ・スクール・オブ・ガヴァメント研究員等を兼務。2014年より慶應義塾大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。