マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ<br> 迷廊館のチャナ 〈1〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ
迷廊館のチャナ 〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月23日 06時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784800008879
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

21
子供の頃に戻ったような、ワクワクする読後感だった。家の物置で見つけた鍵で、全てが館の中に納まった迷廊館にたどり着いたチャナ。手助けしてくれる住人のオルオルと共に、盗られたカメラを取り戻すために奔走する。この世界の仕組みも知りたいし、何よりも続きが読みたいので、いろんな人に読んでもらいたい。2019/10/03

cube

0
★★★☆☆2022/07/08

風術師

0
探検家を志す少女チャナは、家の物置でひとつの鍵を見つける。それは町外れに佇む廃墟の正面扉のものだった。好奇心からその扉を開けたチャナの目の前に広がったのは不思議な世界で――というあらすじ。 「この路地の裏には何があるんだろう?」 「この扉の向こうには何があるんだろう?」 という誰もが子供の頃に抱いていたであろう好奇心を再び想起させる、夢とロマンに溢れた物語で、読んでいてほっこりとさせられた。 古くとも古臭くない、そしてどこか懐かしい。そんな一冊でした。2019/12/19

とんび

0
中世ヨーロッパ的な街並みの描写がトキメク。 鍵がまさにキーアイテムとして使われていて、ゲームっぽさもある。 なんというか、すごくNHKでアニメ化されそうな雰囲気だ。 こういう良質な児童文学という感じの漫画は、子供に届いて欲しいが、ほとんどは中年が買ってるんだろうなー。 子供が見つけやすい、さりげない場所に置いておこうぜ(笑)2019/10/04

有無(ari-nashi)

0
古い絵柄かなと思ったが絵本みたいで可愛い。Amazonレビューを見ると昔連載したNG版から削除されてる箇所の説明があったが、どれも面白そうなアイデアばかりでもったいない。ただし、読者に休載後の世界を見せるため、世界観の掘り下げよりメインストーリーを進めることに力を入れられたのは良かったかも。2019/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14127015
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。