MAG Garden NOVELS<br> 銀河英雄伝説〈4〉策謀篇

個数:

MAG Garden NOVELS
銀河英雄伝説〈4〉策謀篇

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月22日 09時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 306p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784800007650
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

帝国宰相と帝国軍最高司令官を兼任し、銀河帝国の実質的な統治者となったラインハルト・フォン・ローエングラム。ある日、彼のもとに不審な情報が届けられる。リップシュタット戦役で敗れた門閥貴族の残党が、帝都オーディンに潜入したというのだ。この情報が何者かからの密告によると聞いたラインハルトは、潜入した貴族たちの目的と、その裏で糸を引くフェザーンの存在を看破する。一方、ガイエスブルク要塞との死闘を制したヤン・ウェンリーと彼の部下たちは、一時的に静かなときを過ごしていた。しかし、自由惑星同盟最高評議会議長ヨブ・トリューニヒトの演説により、つかの間の平穏も消え去る。それは、銀河帝国皇帝エルウィン・ヨーゼフ二世が自由惑星同盟への亡命を希望するという驚くべきものであった―。

著者等紹介

田中芳樹[タナカヨシキ]
1952年10月22日生まれ、熊本県出身。1978年に第3回幻影城新人賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

榊原 香織

53
銀河宇宙版三国志という感じだが、あまり夢中になれないでいる。 それでもシリーズ4 あと6冊2021/10/09

ちゃちゃ

10
この表紙…。ますます大変なことになってきました。気の毒な人が増える一方です。真っ当に生きたいと思っている人ほど大変な思いをするって、悲しいことだなあ。(作者様の悪意?!)ユリアンの真っ直ぐな明るさが嬉しいです。頑張れ。でもまた、嫌な予感…。2020/05/17

なつりか

6
★★★★⭐ 良いです。2021/06/21

中島直人

5
(図書館)読了2019/12/15

ekoeko

5
いつも興味深い巻末の著者インタビューから読んでいるし装丁も楽しみなのだけど今回は笑いそうに。「ルビンスキーは正当な美男子などではなくむしろ異相の所有者でであったが女性に対しては磁力めいた吸引力を発揮」まさに・・・。幼い皇帝の誘拐事件、アルフレッドの無邪気で純粋な忠誠心におつきあいするシューマッハが気の毒すぎて。しかも、皇帝があんなんじゃ喜劇みたい。ラインハルトの銀のペンダントが悲しすぎる。2018/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12936387
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。