カルチャーモデル―最高の組織文化のつくり方

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

カルチャーモデル―最高の組織文化のつくり方

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799326688
  • NDC分類 335
  • Cコード C0034

内容説明

ビジネスモデルだけでは不十分。カルチャーモデルの設計こそ「いい会社」の必須条件!マクドナルド、メルカリ、SHOWROOMで事業と組織の成長を加速させてきた著者による「新しい組織論」

目次

第0章 なぜカルチャーが重要になるのか
第1章 カルチャーとは何か
第2章 どういったカルチャーをつくるべきか
第3章 カルチャーモデルをつくる
第4章 いかにカルチャーを言語化するか
第5章 カルチャーの浸透のさせ方
第6章 これからの経営とカルチャー

著者等紹介

唐澤俊輔[カラサワシュンスケ]
Almoha LLC,Co‐Founder。大学卒業後、2005年に日本マクドナルド株式会社に入社し、28歳にして史上最年少で部長に抜擢。経営再建中には社長室長やマーケティング部長として、社内の組織変革や、マーケティングによる売上獲得に貢献、全社のV字回復を果たす。2017年より株式会社メルカリに身を移し、執行役員VP of People&Culture兼社長室長。採用・育成・制度設計・労務といった人事全般からカルチャーの浸透といった、人事・組織の責任者を務め、組織の急成長やグローバル化を推進。2019年には、SHOWROOM株式会社でCOO(最高執行責任者)として、事業成長を牽引すると共に、コーポレート基盤を確立するなど、事業と組織の成長を推進。2020年より、Almoha LLCを共同創業し、人・組織を支援するサービス・ツールの開発を進めつつ、スタートアップ企業を中心に組織開発やカルチャー醸成の支援に取り組む。グロービス経営大学院客員准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たくみくた

5
26冊目。カルチャーには自然と出来上がったものと、意図的に作り上げたものがある。社員が共通の価値観を持って、各所で意思決定をするためには、意図的にカルチャーを作り上げることが大事。カルチャーを作る際に大切なのは「全体の整合性」。採用像、評価制度、現場でのマネジメントなど、作りたいカルチャーに沿った、一気通貫した施策を展開していくことがポイント。カルチャーを浸透するには、社員がカルチャーを認識し、語ることによって理解を深め、行動を促していく。そして、カルチャーを社外にも推奨していく姿が理想的。2021/03/27

まさき|リクルート×副業(Lステップ構築)

4
✅「社員が期待する環境と、会社が提供する環境のギャップがない(少ない)会社」を「いい会社」と定義✅経営において、ビジネスとカルチャーは両輪。企業におけるカルチャーは事業にも直接的に影響し、戦略を設計するための羅針盤にもなる✅カルチャーは、会社にとって何を優先すべきで、どんな意思決定をし、どんな戦略を立てるかを考える際、指針となる羅針盤のようなもの✅カルチャーが最も影響するのは採用✅目指すビジョン・ミッションやバリューを柱にカルチャーを醸成し、社内外に発信し、浸透させることで、事業の成功や成長につながる2021/03/01

とっぴぃ

3
日本マクドナルド、メルカリ、SHOWROOMの組織文化作りを担ってきた著書によるカルチャー論。基本的な経営組織論の枠組みに沿って丁寧に組織文化の作り方と具体事例が説明されているので企業で組織文化形成や風土改革を任された人の教科書になりそうです!強い組織には文化や行動を表す明確で具体的な言葉がある。採用は組織文化の期待値調整が肝。実践者だからこその納得度高いメッセージ満載でした。#組織論 #風土改革 #ピープルカルチャーデザイン2020/09/18

とくしん

3
企業はビジネスモデルと同様に、組織のカルチャーモデルを考えなければならない。カルチャーモデルは事業の生産性や人材の採用にも関わる、経営の根幹となる。 1つ目は、創業以来、脈々と受け継がれたものが、自然と独自の「カルチャー」として醸成されるパターン。2つ目は、企業が明確な意志や方向性を持って、意図的に「カルチャー」をつくりだすパターン。 前者は、その時々の社員やメンバー構成、会社環境に左右されることが多い。「なんとなくの雰囲気」で共有されている、偶発性の高いものだ。一般的に「企業文化」と呼ばれる。

yyhhyy

3
マクドナルドやメルカリで社風を言語化し日常業務で思い返させる仕組みを作ってきた人の本。長時間労働が悪いのでなく長時間労働を重視する社風を募集で明示しなかったミスマッチのせいで退職車が出るというフラットなスタンスには「なるほど」と思った2020/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16352626

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。