いまこそ知りたいAIビジネス

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

いまこそ知りたいAIビジネス

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月24日 13時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799323977
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0034

内容説明

AIで何ができるか?私たちの仕事はどう変わるのか?気鋭の著者が教えるAIビジネスの最新事情と「あたらしい働き方」。

目次

第1章 ここがヘンだよ、日本のAIビジネス
第2章 AIビジネスの最先端を見てみよう
第3章 AIを導入したい企業がすべきこと
第4章 AIビジネスの課題とは
第5章 AI人材とこれからの日本
第6章 AI時代における私たちの働き方

著者等紹介

石角友愛[イシズミトモエ]
パロアルトインサイトCEO/AIビジネスデザイナー。2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAIプロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテックや流通AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

39
レモネードは、保険会社と顧客の利害対立をなくすビジネスモデルを提唱し、『ソーシャルインシュランス(社会的な保険)』というコンセプトを生み出した。これは、顧客から保険請求されなかった保険料を、利益として留保せず、顧客が希望するNPO団体などの寄付に回す仕組みだ。 利益を寄付に回すことで、顧客は「自分が社会の役に立っている」と感じる。これは、顧客が不正請求しないモチベーションにつながっている。結果的に、顧客からの粉飾請求も減っているそうだ。 レモネードの強みは、ただAIを取り入れただけではない。2020/08/10

MATSUDA, Shougo

28
AIで事業立ち上げ、ビジネス立ち上げをミッションとすることとなる人にはうってつけの一冊。界隈のAI関連の諸々の中でもことビジネス化という観点であればかなりお勧めできると感じました。特にAIビジネスの現在(米国西海岸を中心とした)と、AI導入したい企業(企画立案担当者)が行うべきことの章は実践的でとても有用でした。2019/06/03

16
アメリカでAIビジネスを行う著者がAIへの誤解やビジネスにおけるAIと人間との関係などを具体例とともに紹介した本。自分のAIに対する無知さに驚くとともに、様々な学び直しの必要性や、0ではなく1,そして1をスケールしていくことの可能性に焦燥感を持った。2021/10/25

しき

16
AIビジネスの誤解をバッチリ解消してくれる。まず「AIはロボットではなく、ただの道具」である。AIに仕事を奪われるという言葉はおかしい。日本はITに詳しい人が少なすぎるため、こういった誤解がある。本来のAIビジネスは、企業がもつ課題をデータを用いて解決する。もちろん、解決したかどうかは人間が判断するし、AIのトレーニングも人間がする。これらの仕事は、現場で働いてる人が恒久的にするので、人がAIに代わることはない。また、日本にAIを根付かせるために、IT業界とその他業界の橋渡しになる人材が大量に必要になる。2019/12/14

なっしー

15
石角さんの本はAIとは何かを知ることも書かれているが、AIビジネスデザイン、データサイエンティストとエンジニアにという仕事に関しての説明。また、AI導入を考えている会社と仕事上関わりそうな方々にどのような準備が必要かなどが具体的に書かれている。また、アメリカでのAI導入成功事例や失敗事例などが、とてもイメージしやすく良かった。2021/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13390189

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。