失敗の科学―失敗から学習する組織、学習できない組織

個数:
電子版価格
¥2,530
  • 電書あり

失敗の科学―失敗から学習する組織、学習できない組織

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799320235
  • NDC分類 501.8
  • Cコード C0034

内容説明

誰もがみな本能的に失敗を遠ざける。だからこそ、失敗から積極的に学ぶごくわずかな人と組織だけが「究極のパフォーマンス」を発揮できるのだ。オックスフォード大を首席で卒業した異才のジャーナリストが、医療業界、航空業界、グローバル企業、プロスポーツチームなど、あらゆる業界を横断し、失敗の構造を解き明かす!

目次

第1章 失敗のマネジメント
第2章 人はウソを隠すのではなく信じ込む
第3章 「単純化の罠」から脱出せよ
第4章 難問はまず切り刻め
第5章 「犯人探し」バイアスとの闘い
第6章 究極の成果をもたらすマインドセット
終章 失敗と人類の進化

著者等紹介

サイド,マシュー[サイド,マシュー] [Syed,Matthew]
1970年生まれ。英『タイムズ』紙の第一級コラムニスト、ライター。オックスフォード大学哲学政治経済学部(PPE)を首席で卒業後、卓球選手として活躍し10年近くイングランド1位の座を守った。英国放送協会(BBC)『ニュースナイト』のほか、CNNインターナショナルやBBCワールドサービスでリポーターやコメンテーターなども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

200
「我々は自分の失敗には言い訳をするくせに、人が間違いを犯すと直ぐに攻め立てる」という周知されている事実から、「なぜ成功者はほんの一握りなのか?」について次のように思索してみました。『自分の失敗を認めることが出来るヒトは一握り。そして、失敗を認めて改善出来るヒトはそのさらに一握り。つまり、成功者はほんの一握り』と説明できるんじゃね?、とwww。2024/01/17

けんとまん1007

198
とても多くの気づきのある1冊。失敗の定義は、いろいろあるし、いろいろな方の考え方も眼にすることがある。個人的には、羽生善治さんの定義が納得度が高い。そんな失敗から、何を学びどう活かすのか?さらに、この本の優れているのは、何故失敗が起きるのか?その判断に至るプロセスは正しいのか?何故、人は失敗を認めようとしないのか・・・などに触れられていることだ。それは、文化・歴史という影響もあるが、いい意味で、少しずつ変わっていかないとと思う。デザイン思考にも通じるものを感じた。2020/12/06

kei-zu

138
本書読んでいる間、Amazonが実店舗を閉鎖するというニュースを見た。独自スマホの参入と素早い撤退など、同社のトライ・アンド・エラーには感心する。 本書で紹介されたエピソードのうちで面白かったのが、一流の技術者が対処できなかった部品の改善を、ダメもとで生物学者に行わせたら問題が解決したというもの。ポイントは、ちょっとずつの工夫の蓄積。できあがった部品は、当初の想定とは随分と異なった外見をしていたという。 本書に通底する「失敗の蓄積に勝る改善手段なし」という指摘には、大いに励まされる。2022/03/04

徒花

132
まぁまぁ良かった。航空機事故や医療ミスなど、さまざまな失敗の実例とその分析をしつつ、なぜ失敗は起こるのか、そのメカニズムを分析していく一冊。本書ではむしろ小さな失敗を奨励していて、その失敗を分析し、共有していくことの大切さが主張される。また、人はとにかく失敗を認めたがらない生き物であること、認知的不協和を歪な形で解消するために自分の都合のいいように考えがちであることに警鐘を鳴らしている。なかなかためになる。2022/01/07

ひろき@巨人の肩

126
人間は本能的に失敗を遠ざける。だからこそ、失敗から積極的に学ぶ僅かな人と組織だけが「究極のパフォーマンス」を発揮する。多数の事例より失敗を構造化して、この要諦を導き出す名著。失敗を誘発する「時間感覚の麻痺」は「焦り」と「集中」により起こる。人はウソを隠すのではなく信じ込むことで、失敗を遠ざける。特に「恥ずかしさ」や「努力」は判断を鈍らせる。「自尊心」「イデオロギー」「物語」「犯人探し」はバイアスを生み失敗の学びを妨げる。成長には失敗が欠かせない。進化とは選択の繰り返し。すべえ失敗ありきで設計する。2022/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11282798
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。