好かれる人が無意識にしている文章の書き方―誰でもできて、すぐ効果が出る53のポイント

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

好かれる人が無意識にしている文章の書き方―誰でもできて、すぐ効果が出る53のポイント

  • 提携先に6冊在庫がございます。(2022年08月11日 08時33分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799107805
  • NDC分類 816
  • Cコード C0030

出版社内容情報



中谷彰宏[ナカタニアキヒロ]
著・文・その他

目次

まえがき 上手な文章でも、感じの悪い文章がある。
第1章 「過去形」より、「現在形」で書く。
第2章 考えより、リアルを書く。
第3章 盛るより、シンプルに書く。
第4章 売り込むより、役立つことを書く。
第5章 ウケる文章より、信頼される文章を書く。
あとがき 文章には、書き手の優しさも、冷たさも出る。

著者等紹介

中谷彰宏[ナカタニアキヒロ]
1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国でセミナー・ワークショップ活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAKAPO

28
好かれる人の文章と嫌われる人の文章の違いは、読む人のことを意識しているか意識していないかである。好かれる人は、相手が読みたいこと、知りたいことを書く。嫌われる人は、自分が書きたいこと、相手が既に知っていることを書く。好かれる人は、自分が書いた文章を読む人が、どのような気持ちになるか、想像することができる。だから、相手が傷つくような文章を書かない。そして、嫌われる人は、相手を説得しようとするが、好かれる人は、相手が自ら納得するような事実を提示するだけだ。好かれる人は、相手の人格を尊重しているのだ。2020/08/01

糜竺(びじく)

16
文章の書き方によって印象や伝わり方が全く変わってくることを改めて再確認。2020/02/02

田中佳代子

12
読書メーターを始めてから13年目。レビューや読書家の方とお話する時は、「手紙」を書くつもりで、ペンをとっています。この本は、そんな私の強い味方。特に好きなのは、この5つ。🔴手紙は、短く書こう。🔴書かないテーマを決めよう。 🔴書いた文章を、読み返そう。🔴1人にしか使えない文章を書こう。🔴文字でケンカしない。2021/03/05

Ayakankoku

9
文章には、その人の感受性が出る。だからこそ、読んで好かれる文章を書くべきだと本書で述べられている。納得する内容はあったものの、新しい発見はないまま読了。おそらく、どれも当たり障りのない内容だったからだろう。2019/07/01

んぱる

3
文章を通じて人と繋がることが増えた昨今、出来るだけ人を不快にさせない文章を書きたいものだと思い、読んでみました。"好かれる人"になりたいからというより、自分の文章で思いがけず人を傷付けてしまった時、その事で自分が受ける精神的ダメージが大きいのでそれを出来るだけ回避したいという思いから読んだ本です。付けた付箋の数23枚。マーカーで印もたくさん。すぐ読み終わることが出来るので、度々読み返して優しい文章を書けるよう努力したいです。2021/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13365739

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。