すぐやってみたくなる!データ分析がぐるっとわかる本

電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

すぐやってみたくなる!データ分析がぐるっとわかる本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784799103708
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C0030

内容説明

隠れた傾向をあぶり出す。今後のトレンド予測にもチャレンジ。シンプルに理解、パッと役立つ!営業、マーケティング、企画・開発…データの見方、作り方、切り口がサクッと身につく!

目次

第1章 そもそもデータ分析って何をすればいいの?―「要約」「関係性」「分類」「縮約」の4つの手法
第2章 基本的な指標で、現状を把握しよう―「平均」や「分散・標準偏差」などを押さえる
第3章 「関係性」の有無を見極めよう―結果に影響する要因から外れ値まで見逃さない!
第4章 時系列データから、「パターン」や「トレンド」をあぶり出す―季節性などを取り除いた影響を測る方法
第5章 性別や年代などの「質的データ」からわかること―クロス集計でさまざまな比較ができる
第6章 個別データの共通点を見つけて「分類」しよう―特徴ごとにグループ化したほうがアプローチしやすい
第7章 傾向が似ている変数を「縮約」するとどうなる?―主成分分析で新たな視点を手に入れろ!

著者等紹介

豊田裕貴[トヨダユウキ]
多摩大学経営情報学部教授。1970年神奈川県生まれ。2003年法政大学大学院社会科学研究科にて経営学博士号(DBM)を取得。リサーチ会社、シンクタンクの研究員などを経て、2004年4月より現職。より実践的で実用的なマーケティング(とくにブランドマネジメントが専門)の研究・普及に努めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あや

4
統計学の入門は理解しているけど、じゃあ実践しようとなった時に実践のテキストを見ても訳がわからない。という人向けです。そして、わかりやすい。2022/02/10

ゆき

2
本当に大まかに流れをつかむための一冊という位置づけ。 すこし専門的なことは、コラムにしてあるので脱線から戻りやすい。 2015/03/24

M_Study

0
データ分析の大枠は理解できると思う。分類(クラスタリング)や縮約(主成分分析)といった手法は、よくある統計の入門本には出てこないので、参考に合った。主成分分析はざっくりとしか説明されておらず、消化不良気味。分類や縮約になるとExcelでは無理かな~。Rを使う必要がありそう。2015/04/23

凸凹

0
知識ゼロの人でも理解できるようにデータ分析の大枠を紹介している本。データ分析の全体像をつかめるので、データ分析の入門書を読む前に読んでおくといいかもしれない。2015/01/31

mori

0
「テキストマイニング入門」にておすすめ書籍として紹介されていた同書。要点を簡潔にまとめてあり、考え方など勉強になった。2021/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8300321

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。