京大医学部の最先端授業!「合理的思考」の教科書

個数:
電子版価格 ¥1,013
  • 電書あり

京大医学部の最先端授業!「合理的思考」の教科書

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799101056
  • NDC分類 141.5

内容説明

ヨウ素を飲めば放射能が消える?公共事業は税金のムダ遣い?ものが売れないのは不況のせい?「効果が2倍」は夢の新薬?…「根拠にあたる」思考の習慣。

目次

第1章 イメージで物事を判断していませんか?(それはただのイメージ、思い込みだった!?;知らぬ間に「思考停止」していませんか?;「合理的に考える」習慣を身につけよう;「経験」はときに先入観のもとになる;メディア情報は2割引きで受けとめよう;いつも「正解」があるとはかぎらない)
第2章 それは本当に、正しい根拠?(「その根拠は?」と問う習慣を;「もっともらしいこと」ほど疑おう;あらゆる情報には「バイアス」がある;リスクや損失は過大評価しがち;「自分に都合の良いこと」を信じたくなる;「みんな」って、「何人中何人」のこと?;迷ったときは「比べて」みよう;「誰が言ったか」で情報の意味は変わる;ネットの情報はどこまで信用できる?;役立つ情報を見極める5つのポイント)
第3章 その数字の読み解き方、間違っています!(数字はときどきウソをつく;必ず「分母」を意識しよう;「見かけの分母」に要注意!;「効果が2倍」に潜むトリック;それは相対値、それとも絶対値?;「死亡リスクが半減」の中身は…;絶対値だと10%の減少に過ぎない;「○%」は具体的な数字に置き換えてみる;ややこしい数字は「2×2表」で整理しよう)
第4章 「原因と結果」のねじれ(「真の原因」を見極めるために;「運動する人ほど風邪をひかない」は本当?;それは因果関係ではなく相関関係です!;原因は「オンリーワン」とはかぎらない;原因の「遠い・近い」;「良い問い」をどうやって立てる?;売り上げは伸びているのに、なぜ赤字?;「証拠がないこと」は「ないことの証拠」ではない)
第5章 納得できる結論にたどり着くために(「完ペキな答え」がなければ動けない?;どんな物事にもリスクとベネフィットがある;降水確率が何%なら傘をもっていく?;「直勘」はどこまであてになる?;「目的の明確化」が合理的な判断を導く)

著者紹介

中山健夫[ナカヤマタケオ]
京都大学大学院医学研究科教授。1961年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。国立がんセンター研究所室長等を経て、2000年より京都大学大学院にて教鞭をとる。2006年より現職。2005年日本疫学会奨励賞。日本疫学会理事、NPO法人日本メディカルライター協会理事、NPO法人日本インターネット医療協議会理事等も務める。専門は健康情報学、疫学。メディアへの登場も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)