オンラインリテラシーと読解リテラシーの葛藤―デジタル時代の新しい学び

個数:

オンラインリテラシーと読解リテラシーの葛藤―デジタル時代の新しい学び

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 23時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798918259
  • NDC分類 375
  • Cコード C3037

内容説明

21世紀は新型コロナの感染症が、地球上の人間を分け隔てなく襲う時代を迎えた。コロナ禍の中で学校教育は感染症の強弱によって、オンライン授業と対面授業を繰り返し共存が進められた。学ぶ形態が違っても、人間としての読解力を深め俯瞰的に豊かになることが求められる。これまでと同様に多様な人間と共存し有益な物、モノを作り交換することには変わりない。急伸するデジタル化で学校教育はオンライン授業と対面授業の共存といった新たな時代をむかえたが、それとともに新たな格差の克服が課題である。

目次

第1章 学びは環境と共に変化する
第2章 読解力の定義変更
第3章 新しい学びの可能性を作り出す
第4章 コンピュータに使われる人間よりも使う人間になろう
第5章 読書脳はじっくり考える
第6章 デジタル環境への対策

著者等紹介

福田誠治[フクタセイジ]
1950年岐阜県生まれ。1979年より42年間都留文科大学に勤務。前都留文科大学学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。