有賀喜左衞門―社会関係における日本的性格

個数:

有賀喜左衞門―社会関係における日本的性格

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 03時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 170p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784798917085
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C3036

内容説明

20世紀初頭の農村社会研究や家族研究に多大な功績を残した有賀喜左衞門。本書は、地主・小作関係やオヤ・コ関係といった「上下結合」を根幹とする日本的社会関係の理論構築と事例分析を行った有賀の洞察過程を辿る。柳田国男の民俗学に加え、フランス社会学やイギリス社会人類学などの影響を受け確立した独自の研究方法から、わが国の農村社会関係について緻密な分析を行った有賀の生涯と研究の全貌を克明に描いた一冊。

目次

第1章 有賀喜左衞門の生涯(家の当主;スカラーへのみち ほか)
第2章 日本社会の社会関係(本章の目的;社会学的洞察:上下結合を社会的形態としてみる ほか)
第3章 日本社会の生活組織(本章の目的;生活単位 ほか)
第4章 研究方法(研究の成果;研究方法―1実証 ほか)

著者等紹介

熊谷苑子[クマガイソノコ]
1942年東京生まれ。1965年国際基督教大学卒業。1967年ボストン大学大学院修士課程修了。1973年東京教育大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。2012年淑徳大学総合福祉学部退職。博士(農学)。研究分野、農村社会学、家族社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。