学生参加による高等教育の質保証

個数:

学生参加による高等教育の質保証

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798916606
  • NDC分類 377
  • Cコード C3037

内容説明

教育の質保証のための取り組みは、従来トップダウン式に進められ、学生の立場はないがしろにされてきた。他方、ボローニャ・プロセスの一環として定められた「欧州高等教育圏における質保証の基準とガイドライン(ESG)」では、ステークホルダーとしての学生参加を要件とする質保証のあり方が先進的に模索されている。ESGに関する批判的考察を通して、学生を大学の組織学習に不可欠の学習当事者と捉える理論モデルを構築し、実践のための具体的なガイドマップを提示した先駆的研究!

目次

1 問題と目的
2 高等教育における質保証概念と質の定義
3 ESGにおける学生参加による質保証
4 「学生参加による質保証」理論モデルの構築
5 ガイドマップの開発と事例検討
6 結び

著者等紹介

山田勉[ヤマダツトム]
名古屋市立大学高等教育院教授。京都大学博士(教育学)。1964年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。専攻:教育科学。立命館大学教学部課長・事務長、大学基準協会専門職員・副主幹(出向)、学校法人立命館総合企画部課長などを経て2020年5月より現職。専門は、大学教育学、質保証・大学評価論。高等教育研究における能力論・学習論・評価論に関する知見を基礎に、大学と評価機関の双方の立場から、高等教育の質保証を実現するための研究と教育改善に取り組んでいる。薬学教育評価機構アドバイザー兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。