女性の大学進学拡大と機会格差

個数:
  • ポイントキャンペーン

女性の大学進学拡大と機会格差

  • 日下田 岳史【著】
  • 価格 ¥3,960(本体¥3,600)
  • 東信堂(2020/11/13発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 72pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月18日 23時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798916453
  • NDC分類 377
  • Cコード C3037

内容説明

日本で女性の大学進学率が増加しているのはなぜか?女性の進学先が短大から大学にシフトし、女性にしても男性にしても「大学全入」という言葉が広く使われるようになった。本書は、ライフコースの多様性を前提とする経済分析という視点から、大学進学が女性のライフコースにおける「オールマイティー」な選択肢となっていることを明らかにする。他方で、女性の大学進学率増加の背景に残存するジェンダー・ギャップの諸相を喝破した一冊!

目次

序章 高等教育政策の変遷にみる研究課題の所在
第1章 先行研究のレビュー
第2章 分析枠組みの設定
第3章 収益率分析と結婚の期待効用
第4章 「オールマイティー」な大学と短大離れ―志願率の県別パネル分析
第5章 短大の再発見と「女性向け」進路―関係学科別進学率の時系列データ分析
第6章 自宅志向という教育費抑制策―下宿コストと自宅志向の時系列データ分析
第7章 短大世代の仕事・結婚と子供の進路希望―高1母子データによる分析
終章 資金調達力格差とジェンダー格差の緩和に資する教育投資のあり方
補論 高等教育の量的拡大を説明する古典的マクロ理論

著者等紹介

日下田岳史[ヒゲタタケシ]
1982年1月神奈川県横浜市の郊外に生まれる。2004年3月東京大学教育学部卒業。2014年3月東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。2018年3月東京大学より博士(教育学)の学位を授与される。国立大学法人東京大学一般職員、文部科学省国立教育政策研究所事務官を経て、大正大学エンロールメント・マネジメント研究所専任講師(2020年10月現在)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。