幸運の蹄鉄―時代

個数:

幸運の蹄鉄―時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 05時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784798915876
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

哀しみを知った青春それでも生きて―生を言祝ぐことはできるのか(「幸運の蹄鉄」)ほか、次兄修明の遺稿詩二篇、著者二〇歳の作品集よりの二篇を含む、さまざまな年齢で覚える微かな痛みと希望を綴る七つの掌篇。

著者等紹介

松永澄夫[マツナガスミオ]
1947年熊本の農村生まれ。東京大学名誉教授。哲学を創造する年刊誌『ひとおもい』編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

袖崎いたる

5
松永澄夫文芸三部作(と勝手に命名)の3作目。物語になっていないってのは自覚があったようで、あとがきでここんとこ出版してた文芸作品のことを書いてある。いろいろ思うところがあるから、どうにかまとめてみたいな〜ってのが、今のお気持ち。あっ、一応著者の技量に関して言えば、この本では前の2作品よりも観念っぽさはない。人物造形の勘所を押さえてる。中学生をややこしくなく描いてる。ただ、やっぱり手綱が弛むというか、哲学者の顔がビヨンド(舞城王太郎)、要するに〈作者〉ってやつが思い余って哲学をやりだす場面がある。2019/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14572025
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。