現代の自殺―追いつめられた死:社会病理学的研究

個数:

現代の自殺―追いつめられた死:社会病理学的研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 10時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 220p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798914497
  • NDC分類 368.3
  • Cコード C3036

内容説明

2016年、日本では毎日約60人が自殺した。近年は減少傾向にはあるとは言え、未だ世界ワーストレベルである。果たして、人々はこの異常さを認識しているだろうか?「自殺は個人の選択のひとつ。」このような意見を持ってしまうこと、それ自体がまさに近代化―個人主義、地域共同体の瓦解、家族の縮小―の暗部である。競争社会が「敗者」を死へと追い込む。その死は「個人の選択」とみなされる。もはや深刻な社会病理である。本書は、社会病理としての自殺の社会・文化的要因を明らかにし、行政が実践としてどう問題に対処できるかを提示する、よりよい社会の構築に向けた研究提言である。

目次

第1章 序論
第2章 「生」中心の現代社会の仕組み
第3章 現代の社会病理現象としての自殺
第4章 「追い込まれた死」としての「自殺」
第5章 結論―自殺増加抑制
第6章 今後の展望―地域社会の再生

著者等紹介

石濱照子[イシハマテルコ]
2009年東洋英和女学院大学大学院卒業、博士後期課程単位取得。人間科学(博士)東京都中野区中部地域子ども家庭支援センター長、東京都中野区健康福祉部健康・スポーツ担当課長を経て、東京都中野区南部すこやか福祉センター所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nodah7890

0
自殺を「個人の選択した死」と捉えた場合の論理上の矛盾・限界を示し、自殺が「追い込まれた死」であることを明らかにする。人称別の死の概念が興味深い。二人称の死は他と比べ喪失感と悲嘆が伴いやすい。2018/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12550847

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。