副田義也社会学作品集〈第3巻〉老いとはなにか

個数:

副田義也社会学作品集〈第3巻〉老いとはなにか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月20日 23時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 434p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798914329
  • NDC分類 361.08
  • Cコード C3336

内容説明

老いとは、他者から思いがけなく貼り付けられるラベルである。他者からのラベル付けを通して、人々は自身を老人とみなすようになる。そして人々は老いに、時に抗い、時に謳歌する。では、老いの本質とはなにか。本書は、老人の諸行動、老化の社会的意味考察、老人に対する社会制度の変遷などさまざまな視野を通してその本質に接近し、読者を社会と老いの関係性の奥深くへと誘う。未収録・未発表の巻末論考などすべて関連論考を収録した総合的な老いの社会学的集大成。

目次

1 老いとマス・レジャー(老いとゴルフ;老いと投書;老年期の性行動および加齢にともなう性行動の変化;老年期の性行動について―英語文献による)
2 老いの本質(老いとはなにか;老年期―精神と肉体;ある老年夫妻の生活―M氏とN夫人のケース;「いじわるばあさん」論)
3 老いの歴史社会学(権利主体としての老年範疇の形成―日本年金制度史研究ノート;社会保障制度における「下向普及」と「上向普及」;排除客体としての老年範疇の形成―隠居制度の社会史研究ノート)