ドラッカー『断絶の時代』で読み解く21世紀地球社会論 (改訂版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ドラッカー『断絶の時代』で読み解く21世紀地球社会論 (改訂版)

  • 坂本 和一【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 東信堂(2017/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 36pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784798914305
  • NDC分類 304
  • Cコード C1034

内容説明

ドラッカーの『断絶の時代』刊行からすでに約半世紀、今なおこの本が色あせず読み継がれているのは、ドラッカーの「すでに起こっている未来」を見通す眼力が、まさにその後生起した世界の基底的変動=断絶を見事に捉えていたからに他ならない。本書は、21世紀世界の各分野―産業・技術、経済、政治と社会、知の領域において、ドラッカーが捉えた四つの「断絶」の具体的分析・考察を通じ、現代地球社会論を展開した力作の改訂版である。

目次

第1章 「大格差の時代」―新技術・新産業がつくり出した新たな「断絶」(二一世紀の新技術・新産業が拓く「知識の時代」;「知識の時代」の進化と「社会格差」の時代 ほか)
第2章 「アジア太平洋の時代」と「Gゼロ後の世界」―「グローバル化新時代」(「アジア太平洋」の興隆とその背景;文明史における「アジア太平洋」 ほか)
第3章 「組織連携の時代」―「多元化社会の時代」の進化(地学(地域と大学の)連携
産官学連携 ほか)
第4章 「生命論的思考の時代」―「知識の時代」から「新しい世界観」の時代へ(ドラッカー『変貌する産業社会』(一九五七年)での問題提起:「新しい世界観」
「社会生態学者」ドラッカー(「生命論的」世界観1) ほか)
第5章 「地球環境の時代」―ドラッカーにおける「地球環境問題」と二一世紀(「地球環境問題」の認識;ドラッカーの「地球環境問題」認識 ほか)

著者等紹介

坂本和一[サカモトカズイチ]
立命館大学名誉教授、立命館アジア太平洋大学名誉教授、経済学博士(1975年)。1939年10月石川県に生まれる。1963年3月京都大学経済学部卒業。1968年3月京都大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。4月立命館大学経済学部に奉職。この間、1979年7月ハーバード大学フェアバンク東アジア研究センターおよびニューヨーク大学経済学部で客員研究員(~1980年9月)。1988年4月立命館大学教学部長(~1991年3月)。1994年4月学校法人立命館副総長・立命館大学副学長(~2005年3月)。2000年1月立命館アジア太平洋大学学長(~2004年3月(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。