現代行政学とガバナンス研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

現代行政学とガバナンス研究

  • 堀 雅晴【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 東信堂(2017/03発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 56pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年03月29日 03時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 220p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798914244
  • NDC分類 317.1
  • Cコード C3032

内容説明

21世紀、行政学が伝統的に対象としてきたヒエラルキー的なトップダウン型の統治構造‐ガバメント‐からの転換が求められている。つまりグローバル化が加速する今日、NGOやNPO、個人との相互作用の中で水平化した、新たな政治空間が表出しているのである。本書はこの新たな政治空間としてのノンヒエラルキー的でボトムアップ型の統治構造‐ガバナンス‐の理論的課題を探求し、国家の見方を根本的に立て直すことで現代行政学に一石を投じる、まさに気鋭の研究である。

目次

ガバナンス研究の見取図
第1部 ガバメント研究としての現代行政学(日本行政学の過去・現在・未来;現代行政学の位相―現代米国行政学の自画像を手がかりに)
第2部 ガバナンス研究としての現代行政学(ガバナンス研究の新展開―学説・概念・類型・論点;ガバナンス研究の回顧と展望―代表的な三つの見解から)
第3部 事例研究からのガバナンス研究(大学界のガバナンス研究;スポーツ界のガバナンス研究)
ガバナンス研究の展望―マルクスのアソシエーション論への包摂

著者等紹介

堀雅晴[ホリマサハル]
1956年岡山県浅口郡金光町(浅口市)生れ。1975年金光学園高等学校(金光学園中学・高等学校)卒業。1979年関西大学法学部卒業。1990年関西大学大学院法学研究科・博士課程後期課程満期退学。島根大学法文学部講師。1991年島根大学法文学部助教授。1994年立命館大学法学部助教授。2001年立命館大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。