資源問題の正義―コンゴの紛争資源問題と消費者の責任

個数:

資源問題の正義―コンゴの紛争資源問題と消費者の責任

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年07月21日 15時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 363p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798913858
  • NDC分類 561.144
  • Cコード C3031

内容説明

紛争資金となる資源流通の世界的制御は可能か?日本など先進国と紛争地をつなぐ複雑な資源流通メカニズムの検証を通じて、先進国消費者に対し加担責任の自覚を促し、コンゴを典型とする紛争解決へ向け、私たちができる方策を多角的に追求した。

目次

第1章 「つながり」でとらえる社会的責任(社会的責任消費をめぐる議論;「つながり」をとらえる視点 ほか)
第2章 世界経済の中のコンゴ(分析視点:世界経済への「組み込み」;世界経済に組み込まれるコンゴ ほか)
第3章 コンゴにおける紛争資源問題(分析視点:資源と紛争の結びつき;紛争資源問題の始まり ほか)
第4章 消費地における紛争資源問題(分析視点:生産地と消費地のつながりをとらえる視点;コンゴから消費地へ紛争資源の流れ ほか)
第5章 日本にとっての紛争資源問題(日本にとってのコンゴ;日本における紛争資源問題への対応 ほか)

著者等紹介

華井和代[ハナイカズヨ]
1975年東京都生まれ。2000年筑波大学大学院教育研究科修士課程修了(教育学)。成城学園中学校高等学校教諭を経て、2011年東京大学公共政策大学院専門職学位課程修了(公共政策学)。2015年東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了(国際協力学)。2015年4月より東京大学公共政策大学院特任助教。主要業績「紛争解決への取り組みを学ぶ国際平和学習―リビア紛争に対する国際連合の取り組みを事例として」日本社会科教育学会『社会科教育研究』No.118、15‐27頁、2013年。(日本社会科教育学会賞(論文部門)受賞論文)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。