CT(授業協力者)と共に創る劇場型授業―新たな協働空間は学生をどう変えるのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

CT(授業協力者)と共に創る劇場型授業―新たな協働空間は学生をどう変えるのか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 204p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798913254
  • NDC分類 377.15
  • Cコード C3037

内容説明

閉鎖型学習空間打破への新たな試行。授業は学生への知識提供の場という、教員の多くが抱いている通念は今や破綻しつつある。今日の学生は知識と共に、あるいは知識以上に、自己を刷新へと導く未知の起動力と体験を大学に求めているのだ。教員だけでなく学外からの授業協力者・見学者、さらに学生自身も隔てなく発言・参画しうる新たな協働授業形態は、学生はじめ参加者をどう変えたか―本書は、この劇場型授業の実践記であると共に、内容、意義、将来展望等、当事者21名を結集した貴重な論考集である。

目次

第1章 共感でつながるオープンな大学の教室(大学の教室(授業)の現状と課題とは何か?
課題から見えてきた新たな授業スタイル)
第2章 学生が学びたくなる授業の工夫(授業の秘密を解き明かす;授業に関わるステークホルダーの役割と機能)
第3章 アクティブ・ラーニングを促進する新しい学習評価(第三者による対話型リフレクション;学びの意識と学びの場を改善するリフレクション;次につながる主体的な学びを促すリフレクション)
第4章 劇場型授業スタイルと未来の教育への萌芽(劇場型授業スタイルの概念;筒井実践の課題と可能性―大学教育のイノベーションに繋げるために;劇場型授業の可能性とそれを支える枠組み)