アメリカ 間違いがまかり通っている時代―公立学校の企業型改革への批判と解決法

個数:

アメリカ 間違いがまかり通っている時代―公立学校の企業型改革への批判と解決法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 18時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 514p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798913056
  • NDC分類 372.53
  • Cコード C3037

内容説明

教育の「企業型改革」への強烈な批判と11の問題解決法。標準テストの成績を単一基準とした学校評価、低成績の「失敗」校の閉校と教職員解雇、チャーター・スクールの導入等―本書は、学校の民営化へ舵を切ったこれら一連の「企業型改革」が、データの裏づけを持たぬ効果の疑わしい観念的所産であることを明らかにすると共に、教育向上のための取るべき真の方策を提示した力作であり、自らの主張でもあった「共通教養(スタンダード)」政策が複雑な全体状況から遊離して、グロテスクな歩みを始めたことに対するラヴィッチの怒りを、その強烈な批判に見ることができよう。

目次

我々の学校は危機に瀕している
企業型教育改革の流れ
企業型教育改革を推進しているのは誰か
企業型教育改革で語られる言葉
テスト得点の真実
学力格差の真実
国際学力テストの得点の真実
ハイスクール卒業率の真実
大学の卒業率の真実
貧困はどのように学力に影響を及ぼすか〔ほか〕

著者等紹介

ラヴィッチ,ダイアン[ラヴィッチ,ダイアン] [Ravitch,Diane]
1938年テキサス州ヒューストン生まれ。1975年コロンビア大学ティーチャーズ・カレッジにおいて、ニューヨーク市の公立学校史に関する研究で博士号取得。その後、コロンビア大学ティーチャーズ・カレッジ准教授。1991年~1993年連邦教育局教育次官補。1997年~2004年全米評価運営委員会委員。1995年~2005年ブルッキングズ研究所客員上級研究員。現在は、ニューヨーク大学特任教授

末藤美津子[スエフジミツコ]
1977年東京大学教育学部教育学科卒業。1986年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。2007年東京未来大学こども心理学部准教授。2009年東京未来大学こども心理学部教授。2013年東洋学園大学グローバル・コミュニケーション学部教授。専門は、教育学、比較・国際教育、多言語・多文化教育。博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。