居住福祉叢書<br> ひと・いのち・地域をつなぐ―社会福祉法人きらくえんの軌跡

個数:

居住福祉叢書
ひと・いのち・地域をつなぐ―社会福祉法人きらくえんの軌跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月18日 12時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798913018
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C1336

内容説明

高齢者施設は決して老いて未来のない人々を「収容する」場所ではない―人々が生き生きとその人にふさわしい暮らしを全うできるよう、施設の設計、介護のあり方、職員と入居した人々とのコミュニケーションはじめ、すべてが“ノーマライゼーション”の理念と「人権を守る」運営方針に貫かれた数々の実践の全容を、入居した人々が残した多くの感動的なエピソードを交え、具体的な将来構想とともに語り証した、社会福祉法人「きらくえん」35年の軌跡。

目次

第1部 きらくえんの基本理念(人権と尊厳を守る―緊急度の高い尼崎の下町で;「ああ生きてる感じや」;福祉労働の専門性)
第2部 特別養護老人ホームは進化する(全室個室化とユニットケアへの道程―いくの喜楽苑;阪神大震災からケア付き仮設へ;復興公営住宅とLSA派遣事業;福祉は文化―あしや喜楽苑の目指すもの;生命力を萎ませない―けま喜楽苑)
第3部 居住福祉のまちづくりへ(多世代共生のまちづくり―KOBE須磨きらくえん;福祉と防災のまちづくり―地域社会との連携;経営改革―準市場競争下での持続的発展;「きらくえん見守り24」と尼崎・喜楽苑の今)

著者等紹介

市川禮子[イチカワレイコ]
1974年4月尼崎市委託事業「ひかり保育所」を開設し所長。1983年4月社会福祉法人尼崎老人福祉会入職、特別養護老人ホーム「喜楽苑」施設長代行・生活指導員に就任。1988年4月同法人特別養護老人ホーム「喜楽苑」施設長、法人理事に就任。1992年9月法人副理事長に就任。2001年1月法人理事長に就任。2001年4月「けま喜楽苑」施設長兼務。2002年10月法人理事長に専任。2003年「朝日社会福祉賞」受賞。2005年「兵庫県功労者賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。