マナーと作法の人間学

個数:

マナーと作法の人間学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月04日 13時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784798912530
  • NDC分類 385.9
  • Cコード C3036

内容説明

人間学の視点が捉えたマナーや作法からは、もっぱら社会的視点から見たそれとは異なる、新たな光景が見えてくる。本書は、人間の内奥から立ち上がってくる、社会的関係には回収できないこの「法外な事象」を包括的に考察し、マナー・作法の根源に迫る本格的研究であるとともに、それらが含み持つ宗教的、美的、遊戯的等の特性を現代の眼で捉え直すことを通じて、マナー・作法の慣習的・保守的性格を超え出る可能性を追求した新研究である。

目次

第1章 マナーと礼儀作法の人間学の再定義に向けて―儀礼論から贈与論へ
第2章 近代西洋社会におけるマナーと社交性
第3章 あいさつと超越性―祈りとしてのあいさつのために
第4章 世界市民の作法としての歓待と弔いのマナー―和辻哲郎の「土下座」を通して
第5章 マナーと礼儀作法による「公共の場」の創生
第6章 中学校におけるマナー問題と「粋(いき)」

著者等紹介

矢野智司[ヤノサトジ]
1954年生まれ。教育人間学。京都大学大学院教育学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。