オバマ後のアメリカ政治―2012年大統領選挙と分断された政治の行方

個数:

オバマ後のアメリカ政治―2012年大統領選挙と分断された政治の行方

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798912028
  • NDC分類 314.895
  • Cコード C3031

内容説明

従来多くの大統領の再選を阻んできた経済低迷の中、オバマは2012年選挙でなぜ勝ったのか、また共和党の下院支配という「分割政府」の下、その政策理念をどう推進してゆくのか―選挙の争点、メディアの役割、両党の選挙戦略、市民各層の投票行動等、本書の多面的分析から見えてくる、わが国にも大きく影響するアメリカ政治の実際と“オバマ後”の展開の可能性。

目次

第1章 2012年共和党大統領候補者指名の分析
第2章 2012年選挙とメディア:争点と新しい変化
第3章 選挙アウトリーチと2012年オバマ再選選挙
第4章 悪い経済状態にもかかわらずなぜオバマが勝ったのか:Waseda American Voter Survey 2012の分析
第5章 連邦議会指導部によるコミュニケーション戦略の発達と2012年連邦議会選挙
第6章 オバマ政権2期目の外交課題
第7章 評価と展望:連邦政府の機能障害の克服と“オバマ後”のアメリカ政治

著者等紹介

吉野孝[ヨシノタカシ]
1954年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。同大学院政治学研究科博士後期課程修了。1984年から1986年までウィスコンシン大学(マディソン)政治学大学院留学。1991年から1993年までジョンズ・ホプキンズ大学高等国際問題研究大学院(SAIS)客員研究員。1995年より早稲田大学政治経済学術院教授。専門は、英米政治学、政党論、アメリカ政治

前嶋和弘[マエシマカズヒロ]
1965年生まれ。上智大学総合グローバル学部教授(2014年4月から)。上智大学外国語学部英語学科卒業後、新聞記者を経て1994年渡米、ジョージタウン大学大学院政治学部修士課程修了(MA)、メリーランド大学大学院政治学部博士課程修了(Ph.D.)。敬和学園大学、文教大学を経て現職。専攻はアメリカ現代政治(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。