ミシェル・フーコー―批判的実証主義と主体性の哲学

個数:

ミシェル・フーコー―批判的実証主義と主体性の哲学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798900902
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C3010

内容説明

時期によりその相貌を大きく変えるフーコーの営為の中に、思考の断絶を見る一般の見方に対して、その全時期を貫く「重心を移動させながらの一貫性」を追求したスリリングな研究。フーコー自身の発言を手がかりとした全テキストの精細な検証を通じ、各時期の焦点をなす知・権力・主体化という三要素の探求は同時に、人間の実存を構成する諸要因を変容に導く「実践的批判」の行使であることを明示し、フーコー哲学の真髄に迫る。

目次

第1章 人間学の問題圏(古典主義時代のエピステーメー;近代のエピステーメー;有限性の形而上学)
第2章 規律権力・人間諸科学・主体性(権力の分析論―問題の所在;規律権力の形成過程(刑罰と社会秩序;資本主義社会の秩序)
監獄の失敗と人間諸科学の形成
他者認識の権力―真理の現実化(1)
自己認識の権力―真理の現実化(2))
第3章 生物権力と主体性(生物権力の問題圏;カンギレムと生物権力;生物権力と自然性;フーコーの哲学的企図)

著者等紹介

手塚博[テズカヒロシ]
1981年埼玉県生まれ。2010年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、東京海洋大学・國學院大學非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。