気になるモノを描いて楽しむ 観察スケッチ

個数:

気になるモノを描いて楽しむ 観察スケッチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月24日 22時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784798619187
  • NDC分類 501.8
  • Cコード C2371

内容説明

身のまわりのふとしたデザインが気になる人やプロダクトデザインに興味がある人に向けた、「観察する視点」と「伝わるスケッチ」がわかる一冊です。

目次

1 実例で知る観察スケッチの魅力(佐藤翔一さんの観察スケッチ;ひよさんの観察スケッチ ほか)
2 すぐに試せるスケッチの基本(スケッチの基本姿勢と必要な道具;思い通りの直線を描く ほか)
3 素材と造り方も含めた観察方法(なんでこの素材?この形?観察のポイントを素材別に知る;アラーム時計の観察から知るプラスチック ほか)
4 やってみよう観察スケッチ(完成までのフロー;観察スケッチの観察)

著者等紹介

檜垣万里子[ヒガキマリコ]
プロダクトデザイナー。2007年慶應義塾大学環境情報学部卒業後、山中俊治氏が率いるLEADING EDGE DESIGNに参加。インダストリアルデザイン、展覧会、教育のプロジェクトに関わる。のちにArtCenter College of Design(アメリカ・パサデナ)へ留学。2015年にプロダクトデザイン学科を卒業。2016年よりフリーのプロダクトデザイナーとして活動している。主な受賞歴に、IDSA金賞、Pentaward銅賞、James Dyson Award国際TOP20など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

デザイン・構造・素材にこだわったモノ作りの工夫を味わおう

身のまわりの魅力的なモノを、ただ使うだけでなく観察して描く、それがSNSで拡散中の「観察スケッチ」! 
親指で押さえてカットするラップや軽くて丈夫なチタン製のコップなど、どんな製品も素材・デザイン・機能性が工夫されています。
多方向から観察し、ときには分解し、感じたことを書き加えましょう。本書では、観察のポイント、形を把握する方法、素材加工の種類など、観察スケッチをするために必要な情報を盛り込みました。