パプアニューギニアの「場所」の物語―動態地誌とフィールドワーク

個数:

パプアニューギニアの「場所」の物語―動態地誌とフィールドワーク

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 23時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 528p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798502489
  • NDC分類 302.736
  • Cコード C3036

出版社内容情報

辺境の村から都市のスラムまで。開発とフィールドワークの融合を求めて40年間現地に通い続ける著者による、場所と人びとの物語。人類最後の「秘境」パプアニューギニアにもグローバル化の波は確実に押し寄せている。高地周縁部や首都において40年間にわたりフィールドワーク調査を実践してきた著者がこの国の人びとの変容を物語るとともに、開発とはなにか、経済格差とはなにかを訴える。

熊谷 圭知[クマガイ ケイチ]
著・文・その他

内容説明

辺境の村から都市のスラムまで。開発とフィールドワークの融合を求めて40年間パプアニューギニアに通い続ける著者が描く、場所と人びとの物語。

目次

第1部 研究の基本概念(「移動」と「開発」;「場所」;「地誌」と「フィールドワーク」)
第2部 パプアニューギニアの場所の物語(パプアニューギニア地誌の再構築;高地周縁部、ミアンミンの人びとと場所;ポートモレスビーの都市空間とセトルメント;ラガムガ・セトルメントとチンブー人移住者の場所;ブラックウォーターの人びとと場所)
第3部 フィールドワークと場所構築(フィールドワークから開発実践へ―ラガムガ・セトルメントでの実践;開発的介入から場所構築へ―ブラックウォーター、クラインビット村での実践)
場所・フィールドワーク・動態地誌

著者等紹介

熊谷圭知[クマガイケイチ]
1954年、東京生まれ。中学・高校時代は名古屋、大学は東京、就職してからは福岡、大阪で暮らす。現在、お茶の水女子大学基幹研究院(人間科学系)教授。博士(文学)。専門は社会文化地理学、オセアニア地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。