近世西海捕鯨業の史的展開―平戸藩鯨組主益冨家の研究

個数:

近世西海捕鯨業の史的展開―平戸藩鯨組主益冨家の研究

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年08月03日 05時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 188p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798502168
  • NDC分類 664.9
  • Cコード C3021

内容説明

『勇魚取絵詞』で知られる旺然たる経営。近世捕鯨業において国内最大の鯨組主である益冨家。様々な史料をもとに多角的視点からその経営を分析する。

目次

第1章 近世西海捕鯨業経営と同族団(益冨又左衛門本家;山県六郎兵衛家;山県三郎太夫家;畳屋家の別家)
第2章 捕鯨図誌『勇魚取絵詞』考(本書の概要;本書の成立についての諸説;静山・与清の著書に拠って;『絵詞』の成立過程について)
第3章 西海捕鯨業経営と福岡藩(福岡藩における鯨油の使用;福岡藩と益冨家)
第4章 鯨油の流通と地方市場の形成(鯨油値段の決定をめぐって;下関問屋との取引)
第5章 幕末西海捕鯨業の資金構成(平戸藩諸役所からの融資;諸商人その他からの融資)

著者等紹介

藤本隆士[フジモトタカシ]
1925年福岡県に生まれる。1952年九州大学大学院特別研究生。福岡商科大学(福岡大学)講師・助教授・教授、九州産業大学大学院教授を経て、福岡大学名誉教授、経済学博士(九州大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。