スモール・リーダーシップ―チームを育てながらゴールに導く「協調型」リーダー

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

スモール・リーダーシップ―チームを育てながらゴールに導く「協調型」リーダー

  • 和智 右桂【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 翔泳社(2017/09発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月28日 06時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784798150871
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C2034

出版社内容情報

チームを動かすのは「テクニック」だ。

現場のリーダーに必要なスキルセットをぎゅっと詰めました



【スモール・リーダーシップとは…】

・カリスマやイノベーションに期待するのではなく、現実的な解決策を探る

・チームをどんどん動かし、仕事を停滞させない

・チームとして「学び」を得ることを重要視する

・指示するよりも、メンバーの自主的な行動を促す



【こんな方におすすめ】

・初めてリーダーになった人(3~8人程度の小規模なチーム)

・チームの売上や進捗をうまくコントロールできない人

・部下を育てたいと思っている人

・チーム内で意見が対立して悩んでいる人

・PDCA、進捗管理、問題解決などの具体的手法を知りたい人

・身の丈に合ったリーダーシップを身につけたい人



【内容紹介】

かつてのリーダー像は、部下をぐいぐい引っ張っていく、

いわば「支配型」のリーダーでした。



しかし、リーダーが忙しかったり、不在だったりしたときに、

他のメンバーが何も決められないようなチームでは、

変化の速い今の時代には対応できません。



また、軍隊のような厳しい統制は、現代の職場にはそぐわないでしょう。



そこで、小規模のチームをどんどん動かしながら、

メンバーを尊重し育てていくリーダーが求められています。



このようなリーダーには、会議をまとめ、多様性を生かし、

対立を解消し、メンバーの行動を促す「技術」が必要です。



本書では、リーダーとしての考え方はもちろん、

論理的思考、ファシリテーション、図解術、

プロジェクトマネジメント、PDCAなどを活用して

チームをゴールに導く方法を解説します。



【目次】

第1章 スモールリーダーの心構え

第2章 チームに火を入れる

第3章 チームで「正しく考える」技術

第4章 対立は意見を掘り下げるチャンス

第5章 チームの活動を「見える化」する

第6章 問題を解決しながら前へ進む

第7章 仕事が回るサイクルを作り出そう

内容説明

チームを動かすのは、「テクニック」だ。現場のリーダーに必要なスキルセットをまとめました。

目次

第1章 スモールリーダーの心構え
第2章 チームに火を入れる
第3章 チームで「正しく考える」技術
第4章 対立は意見を掘り下げるチャンス
第5章 チームの活動を「見える化」する
第6章 問題を解決しながら前に進む
第7章 仕事が回るサイクルを作り出そう

著者等紹介

和智右桂[ワチユウケイ]
1978年東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得退学後、ソフトハウスに入社。その後、株式会社野村総合研究所、グロースエクスパートナーズ株式会社を経て、2015年10月より株式会社ハピネット情報システム部に勤務。これまでに開発プロセスの標準化やアーキテクチャ設計、大規模システム開発のマネジメントなどに従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エリナ松岡

8
表紙をみると割と軽そうな感じですが、具体例でページ数を稼ぐわけでもなく、抽象度が高く、淡々とストイックな感じな本でした。著者はシステム開発者ですが、汎用性が高いのでシステム開発畑以外の人たちにも読んでもらえそうです。2018/07/01

S_Tomo

4
主なターゲットはIT業界の数名のチームを任された新任リーダー、のための本ではあるが、IT系で働く人はまだ一人歩きできない新人以外はどんな立場でも読む価値のある一冊。内容自体には斬新さや目新しさはないものの、部下を力で引っ張るのではなく、個々の違いを受け入れた上で同じ目標に向かって協調していく事でチームの総合力を上げていくための考え方と実現のための手法をまとめている。IT以外の業界で働く人に有益かはわからないが、その場合はそれぞれの分野で名著・良書はあるだろうから素直にそちらを読む事をお勧めします。2018/08/16

三歩

3
『技術』でチームを回そう――帯にある通りだった。いろいろなマネジメント本を読んできたけど、本書は協調型リーダーとしての心構えからミーティング、見える化、PDCA…チームを回すために必要な具体的な『技術』が広く載っていてとても良い本だと思う。簡単に読めて見返すのも楽。マネジメントは本書から入っても良い気がする。オススメできる一冊だった。2018/08/26

Kenta Sasa

3
読み終わったー! 今の自分のために書いてくれたのでは?と思うほどにピッタリの本でした(*´ω`*) 「自分でやりたい気持ちを抑える」「奉仕もできて導ける協調型リーダー」あたりは今まさに気をつけていたとこでした。 自分以外にも小さいチームやプロジェクトのリーダー、マネージャーをしてる方にオススメしたい本でした!2017/10/18

yoshichiha

2
普通のチーム運営スキル本であった2018/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12228690

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。