革命競馬<br> 正当化競馬に勝つ方法―ノーザンF帝国の死角!

個数:

革命競馬
正当化競馬に勝つ方法―ノーザンF帝国の死角!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月02日 12時09分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784798061436
  • NDC分類 788.5
  • Cコード C0075

内容説明

2000年初頭『必然と偶然』→2008年『馬単位』→2018年『エビデンス』。数々の革新的な視点を提唱してきた競馬界孤高の文士が、今、その足跡を振り返りながら、2020年、辿り着いた完璧な結論がここに!!

目次

第1章 慢性的経験値不足で期待馬がコケる―「正当化競馬」の時代、これが勝利の視点だ!(サンデー、キャロット、シルク…どれかが「強い年」は、偶然;「ケガ明け」と「リフレッシュ明け」 ほか)
第2章 ダノンプレミアムからバブルガムフェローを発想する力―本島の競馬イノベーション史とJRAの今(モレイラ不合格の衝撃―騎手育成システムの間違い;ペイシャエリート事件と免許発行の基準 ほか)
第3章 アーモンドアイと父ロードカナロアの本質―大物亡き後の救世主は―社台血統の新鑑定(ロードカナロア産駒と「ノーザンFは距離適性を間違えない」の法則;モーリス産駒、デビュー前の断定評価 ほか)
第4章 今、ルメールより買いたい外国人騎手―信頼度98点は誰!?2020年のジョッキー審判(ジョッキーのレベル、腕の差を見極める;結果が出るまでわからない人たち ほか)
第5章 勝つために知っておくべき、いくつかの事柄―NF帝政下でも貫きたい!競馬のまっとうな見方(無敗幻想と、怪物幻想について;「1戦1勝、新馬戦、凄い勝ち方」は参考にならない ほか)

著者等紹介

本島修司[モトジマシュウジ]
北海道生まれ。作家、エッセイスト。大学在学中に書いていた原稿が注目を浴びて、デビュー。喫茶店を舞台にしたエッセイや、競馬論を中心に執筆。近年は人生論エッセイも上梓(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜサートゥルナーリアはダービーを勝てなかったのか。近年顕著なノーザンF馬「使い分け」ローテを分析。NF帝国の死角を探る。