講義形式でわかりやすい不動産ファンドの教科書

個数:

講義形式でわかりやすい不動産ファンドの教科書

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月20日 04時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798041711
  • NDC分類 338.8
  • Cコード C2034

内容説明

5つの関係が不動産ファンドのキモ。不動産に投資したいと思う人は「投資家」です。また、不動産を利用したいと思う誰かは「テナント」です。そして、テナントに貸している「不動産」を投資家と結びつけているツールが「不動産ファンド」であり、これを運営するのが「資産運用会社」です。これが、複雑に見える不動産ファンドの基本構造です。セミナー講師も務める実務のプロが丁寧に解説します!

目次

誰が不動産に投資しているのか?―投資家1
なぜ、不動産に投資するのか?―投資家2
不動産投資におけるインカムゲインとは?―不動産1
不動産投資におけるキャピタルゲインとは?―不動産2
不動産投資におけるレバレッジとは?―不動産3
不動産ファンドを通じて不動産に投資する理由―不動産ファンド1
不動産ファンドの基本的な4つの仕組み―不動産ファンド2
日本の代表的な3つの不動産ファンドの概要―不動産ファンド3
不動産ファンドビジネスの概要―資産運用会社(AM)1
私募ファンドのビジネスモデル―資産運用会社(AM)2
J‐REITのビジネスモデル―資産運用会社(AM)3
投資の対象となる不動産のタイプ―テナント1
投資対象不動産における主な留意事項―テナント2

著者等紹介

脇本和也[ワキモトカズヤ]
1970年生まれ。岡山県出身。92年早稲田大学法学部卒業。同年三井信託銀行(現三井住友信託銀行)入社後、大阪不動産部、横浜駅西口支店で主に土地信託、有効利用コンサル、仲介業務を担当。01年6月より米国クレアモント大学院大学ドラッカー・スクールへ留学。03年5月に帰国後、不動産信託受託のほか、REITの組成サポート、不動産流動化コンサル、私募ファンドアレンジメント、REITのM&Aコンサル、海外投資家による本邦不動産投資サポートなど不動産ファンドに関連する様々な業務を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。