インターナショナル新書<br> ダ・ヴィンチ、501年目の旅

個数:
電子版価格 ¥913
  • 電書あり

インターナショナル新書
ダ・ヴィンチ、501年目の旅

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年06月13日 00時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 277p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797680577
  • NDC分類 702.37
  • Cコード C0271

内容説明

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519年)が死して501年。21世紀の今、「万能の天才」はどういうイメージで受け止められているのだろう?その姿を求めて著者は旅に出た。パリ、ロンドン、ミラノ、フィレンツェ…、節目の年に開催される展覧会やゆかりの地を巡る。美術だけにとどまらず解剖学や工学などの視点からもダ・ヴィンチを見ることで、浮かび上がってきた新しい姿とは?

目次

第1章 2005年、イタリア、ドイツ、フランス、ロシア―ダ・ヴィンチ全点踏破を目指す旅(ダ・ヴィンチの45歳をめぐる旅;まず『ダ・ヴィンチ・コード』の謎をこの目で確かめる ほか)
第2章 2017年、フィレンツェ、ミラノ…ダ・ヴィンチ若き日の絵画(フィレンツェ;ミラノ)
第3章 2019年夏、ロンドン…ダ・ヴィンチの手稿(ダ・ヴィンチ、501年目の旅;膨大なダ・ヴィンチの手稿=ノート ほか)
第4章 2019年冬、ロンドン…ダ・ヴィンチの絵画(「サイダー」で酔っ払ったままナム・ジュン・パイク展へ;機械が表現する距離感 ほか)
第5章 パリ、501年目の『モナリザ』への旅(史上最大のダ・ヴィンチ展@ルーブル美術館;3枚だけに使った技法スフマート ほか)

著者等紹介

布施英利[フセヒデト]
美術批評家、解剖学者。1960年、群馬県生まれ。東京藝術大学美術学部卒業。同大学院美術研究科博士課程修了。学術博士。東京大学医学部助手(解剖学)などを経て、批評活動に入る。以来、人体、脳、死生観などのジャンルと芸術の関連を探究。オンラインの学校「電脳アカデミア」の活動にも取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。