インターナショナル新書<br> 戦国、まずい飯!

個数:
  • ポイントキャンペーン

インターナショナル新書
戦国、まずい飯!

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2020年03月28日 19時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797680485
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0221

内容説明

生米を水に浸すよう指示した徳川家康、醤油が欲しいと言って叱られた井伊直政、逃避行中に雑草を食べた真田信之…。歴史小説家である著者が、さまざまな文献を渉猟し、戦国の食にまつわる面白エピソードを紹介。さらに文献に登場する料理を再現して実食する。果たしてその味は…。美味いのか?まずいのか?食を通して、当時の暮らしぶりを知り、戦国の世と先人たちに思いを馳せる。

目次

第1章 赤米―稲米として最悪のもの?
第2章 糠味噌汁―醤油は贅沢?叱られた井伊直政
第3章 芋がら縄―戦国時代のインスタントスープ
第4章 干し飯―最重要の保存食を腐らせた武将とは?
第5章 スギナ―はなはだ食べづらきもの、真田信之の述懐
第6章 粕取焼酎―ツボいっぱいに詰めてくれ!真田信繁の好物
第7章 牛肉―宣教師の陰謀か?みんな虜の牛肉料理
第8章 ほうとう―戦国時代の麺食の実態とは?
第9章 味噌―行軍中にできる謎の味噌の正体を追う

著者等紹介

黒澤はゆま[クロサワハユマ]
歴史小説家。1979年、宮崎県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。