インターナショナル新書<br> チョムスキーと言語脳科学

個数:

インターナショナル新書
チョムスキーと言語脳科学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月21日 02時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 249p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797680379
  • NDC分類 801.5
  • Cコード C0240

内容説明

脳科学が人類最大の謎に挑む―。すべての自然言語には共通の基盤があり、言語機能は生得的だとする「生成文法理論」は正しいのか。言語研究の「革命」を告げるチョムスキー著『統辞構造論』を詳しく解説し、生成文法理論の核心となる“文法中枢”が脳内に存在することを、言語脳科学の実証実験によって明らかにする!

目次

序章 「世界で最も誤解されている偉人」ノーム・チョムスキー(ダーウィンやアインシュタインと並ぶ革新性;文系の言語学を「サイエンス」にしたゆえの摩擦 ほか)
第1章 チョムスキー理論の革新性(言語学も古代ギリシャで始まった;チョムスキーが出会った言語学 ほか)
第2章 『統辞構造論』を読む(三つの論文を凝縮した『統辞構造論』;言語研究の「革命」開始を告げる記念碑的著作 ほか)
第3章 脳科学で実証する生成文法の企て(文法装置としての脳;言語を扱う人工知能の難しさ ほか)
最終章 言語の自然法則を求めて(論争を超えて;一元論を受け入れにくい文系の学問 ほか)

著者等紹介

酒井邦嘉[サカイクニヨシ]
言語脳科学者。1964年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。1996年マサチューセッツ工科大学客員研究員を経て、2012年より、東京大学大学院教授。第56回毎日出版文化賞、第19回塚原仲晃記念賞受賞。脳機能イメージングなどの先端的手法を駆使し、人間にしかない言語や創造的な能力の解明に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

16
有限な語彙から無限の文章を紡ぎ出すための演繹ルールが文法なのだとすれば、その機能が脳のどこかに局在してても特に不思議はない。そうすると、より一般的な演繹ルール=数学も世界の秩序の表現ではなく、脳の機能の一部ってことになるのかな。。進化の過程で、世界(あるいは他人の脳内構造)とうまく対応する機能=演繹ルールが生き残るってことなんかな。。2019/09/29

Miyako Hongo

13
言語学は手を付けたい分野なのだが、なかなか良さげな本がない。この本は言語学+脳科学なのでとっつきやすくて面白かった。□あらゆる言語の文法の根底に共通する法則があるはずだ、というチョムスキーの学説と、それを裏付けるハードウェアとしての脳機能の検証。どっちも面白くて深掘りしたくなる。山田正紀の“神狩り”だったかに、遺跡から発掘された碑文が、文法的に人間の言語ではありえない=神の言語、って展開があったのを思い出した。□MeCabで形態素解析をする程度には文章に興味あるんで、先の楽しみが増えた。2019/05/30

よっし~

6
世界最高の論客のひとりといわれ、専門分野を越えた発言力を持つ言語学者、ノーム・チョムスキー。名前だけは知っていたがその業績を理解したい思いで本書を手に取った。代表的な理論である「生成文法論」「統辞構造論」を噛み砕いて説明してくれる数少ないチョムスキー入門書である。人間が言語を操る能力は後天的なものではなく脳の構造に由来する生得的なものだという主張は革新的だが、技術的な課題があって未検証の理論であるだけに判断留保しつつ読まざるを得ない。後半はチョムスキー礼賛のトーンが濃厚で用心しながらの読書となった。2019/11/22

奏市

6
難しかったぁ。こんなに理解が及ばない本は久々だった。まず、チョムスキーの言語理論の革新性が語られる。言語を生み出すシステム自体が生得的で、物理学と同様、自然法則に成り立っており、言語学は科学であるとする。えっとなるが、徐々に真理のように思えてくる。ただし、悲しいかな、そのチョムスキーの著書『統辞構造論』を読むの章が、全然理解が及ばない。最後に脳科学によるその言語理論の正しさへの追求へと移っていき、脳腫瘍患者へのテストにより、文法中枢の存在の証明、失語症ならぬ失文症を明らかにした点は、感嘆させられた。2019/09/05

Z

4
チョムスキーの紹介と生成文法を司る脳の部位を探るという二本立て。正直どちらも興味はないのだが、言語をみる多様な眼差しが紹介され刺激をうけた。ただ生成文法が扱うのは日本語、英語という種に関わらない類の立場に立つので、その考察はコンピューター言語や鳥のさえずりと何が違うのかという他の類との比較において意味を持つように思われ、生成文法が人間に生得的な機能だという主張には意味があるが、生成文法を司る脳の部位が存在するという主張が意味をなすのはは治療の応用に結び付ける場合であり、心身二言論の議論は不要に思う。2020/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13583277

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。