「最前線の映画」を読む

個数:
電子版価格 ¥734
  • 電書あり

「最前線の映画」を読む

  • ウェブストアに61冊在庫がございます。(2018年05月25日 16時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797680218
  • NDC分類 778.2
  • Cコード C0274

内容説明

映画を観れば「世界の今」が分かる!アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国の「最前線の映画」を当代一の評論家が鋭く解剖。なにげないシーンやしぐさに秘められた監督の意図、ちょっとした台詞の中に隠された過去の名作・傑作の引用などを次々に読み解いていく―。「町山映画塾」、ますます絶好調!

目次

Kが追い求めた「噴水」―『ブレードランナー2049』
アンドロイドはオジマンディアスの夢を見る―『エイリアン:コヴェナント』
「それ」から逃れるたったひとつのやり方―『イット・フォローズ』
「8マイル」の現実―『ドント・ブリーズ』
神は果てしなく試す―『哭声/コクソン』
三百六十年後の「ゆるし」―『沈黙‐サイレンス‐』
イランのウィリー・ローマン―『セールスマン』
バンパーはぶつけるためにある―『エル ELLE』
アン・ハサウェイは何と戦ったのか?―『シンクロナイズドモンスター』
アウシュビッツで埋められたもの―『サウルの息子』〔ほか〕

著者等紹介

町山智浩[マチヤマトモヒロ]
映画評論家。ジャーナリスト。1962年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。『宝島』『別冊宝島』などの編集を経て、1995年に雑誌『映画秘宝』(洋泉社)創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『この世界の片隅に』『ワンダーウーマン』『哭声/コクソン』……最新ヒット作に秘められた「暗号」を解読する! これを読めば、あの映画が10倍も100倍も面白くなる! 町山映画塾、開講です!


この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件