インターナショナル新書<br> 大人のお作法

個数:
電子版価格
¥737
  • 電書あり

インターナショナル新書
大人のお作法

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月23日 02時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797680034
  • NDC分類 159
  • Cコード C0295

出版社内容情報

グルメ自慢はおよしなさい◆大事なのは身銭を切ること◆「物知り」と言われて褒められたと思うな……『芸者論』で知られた伝統文化評論家が今どきの大人たちにもの申す。平成の山本夏彦、現わる!




岩下 尚史[イワシタヒサフミ]

内容説明

宴席とはグルメ談義をする場にあらず。歌舞伎を一人で見に行くほどの野暮はなし。銭金を貯め込む算段よりも、まずは散じる喜びを知れ。花柳界、伝統芸能に通じ、本当の遊びをする紳士たちを見てきた著者が、客のもてなし方、芸への向き合い方、洋服の決まり事などを指南。いつまでも「子ども顔」の現代の大人たちに、今では誰も語ることがなくなった「大人のお作法」を教えます。

目次

第1章 それでもお茶屋に上がりますか
第2章 食通を気取るその前に
第3章 そんなに「伝統文化」が大切ならば
第4章 「大人の男」と見られたいなら
第5章 執着を離れなさい
第6章 どんなに知識を増やしたところで
第7章 あなたの「居どころ」はどこですか
第8章 困りはするが悩まない

著者等紹介

岩下尚史[イワシタヒサフミ]
作家。1961年、熊本県生まれ。國學院大學文学部卒業後、新橋演舞場株式会社に入社。退社後、芸者の発生と変遷を古代の巫女にまで遡って解き明かした『芸者論―神々に扮することを忘れた日本人』を著し、第20回和辻哲郎文化賞を受賞。國學院大學客員教授。テレビのコメンテーターとしても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

阿部義彦

24
インターナショナル新書、新刊第1弾ラインナップより。架空対談の形式で作法マナー大人の常識を語る。宴を催すならば、各人の席の配置が一番の肝である、子供には伝統行事を重んじる事、グルメ自慢は大人がする事ではない、等などの実用面のみならず、後半には精神面での心得が強調されます。「執着を離れなさい」「どんなに知識を増やしたところで」「困りはするが悩まない」靴、鞄傘など目立たぬものが無事で、服に関しては「自分を消す」こと。何よりも大事なのは身銭を切ることなどが語りかけられます。2017/01/19

浅葱@

19
軽妙洒脱な語り口の中に作法やら品格やら付き合い、嗜みと心得、分別やら。その何やかやに一つ一つに「大人の」が付いている。大人がつくと普通は重くなるはずのことが、書き手の巧みさでさらりと爽やかに伝わってくる。大人だから頑張るのではなく、その道のプロに教えを乞い、間違ったら謝ってやり直す。と、まぁそれが出来たら大人と言われて、つい、身を乗り出すと、そんなに前屈みになったら今につんのめって転びますよとたしなめられそう。なぞと軽口をきいてしまいそうな妙なノリのある語り口。大人のお作法はとても気に入りました。2020/01/20

baboocon

14
著者の語る口調が独特だなと。芸者遊びや歌舞伎、服装などについてのお作法、というか一般的に思われているマナーとはひと味違ったアンチテーゼというか。「そんなに『伝統文化』が大切ならば」身銭を切るべきという意見については、出版文化に置き換えてもいけるよなあと感じた。2017/05/11

チョビ

5
大人というのは時代によって変わるものなのだろう。そういう意味では、この人の理想と思う大人は絶滅危惧種かもしれない。結構キツイ言い回しも多く、読んでて「情けなかー。」連発。でも、どこにいたって自分は自分でしかない。誰も褒めてくれるわけではないことしか書いていないから、守っても自分を愛おしく思うくらいのしかないわけで。誰かのタニマチになりたくなる一冊。なるよ、うん! 2017/04/26

しびぞう

5
あまりに老成されているので結構なお歳だと思っていたらまだ50代だったとは。この老成っぷりが羨ましいからと今から頑張っても付け焼刃にしかならないのが悔しいが、著者の空気感をおすそ分けしてもらうべく著書を読み漁るのは今からでもできるのが救いだ。こういう大人が絶滅危惧種というのは由々しき状態だ。ああ、こういう人と恋をしたかった。こうなったら生涯かけて夫を育てるしかない。2017/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11283775
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。