ペンギン村に陽は昇る

ペンギン村に陽は昇る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 141p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784797463989
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

「障害は不自由ではあるが決して不幸ではない。たとえ目が見えなくても明るく楽しい人生を送ることができる。」―自らの体験から一視覚障害者が語る明るく楽しい人生の記録。

目次

第1章 生きる(二一世紀に向かって!―ヘレン・ケラーの自伝を読んで思うこと;びく石牧場の思い出―盲ろう者との出会いの中で;ピアノのようにそっと優しく―出会い、ふれあい、指点字 ほか)
第2章 与えられた喜び、平安、生きる意味(詩 神様あのね…;証 洗礼式を前にして;証 与えられた喜び、平安、生きる意味 ほか)
第3章 白い杖の二人旅(白い杖の二人旅―北海道中手探り紀行;赤ちょうちん;初めて父になった日―真君誕生物語 ほか)

著者等紹介

菊池一郎[キクチイチロウ]
1969年、静岡県熱海市出身。1990年、筑波大学附属盲学校を卒業。1996年、熱海市内ではり・マッサージ〈イチロー治療院〉を開業。仕事のかたわら点字雑誌にエッセイ、旅行記などを寄稿。2002年、『点字毎日』文芸コンクールエッセイ部門最優秀賞を受賞。全盲の妻との新婚旅行の模様をつづった『白い杖の二旅人―北海道中手探り紀行』が一部で話題となる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。