サイエンス・アイ新書<br> 武術の科学―ルールに縛られない戦闘術の秘密

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

サイエンス・アイ新書
武術の科学―ルールに縛られない戦闘術の秘密

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797369021
  • NDC分類 789
  • Cコード C0275

内容説明

武術は戦場で自分の身を守り、敵を倒すための戦闘術として発展してきた。そのため、競技者の安全を確保するためにルールが整備されている格闘技とは異なり、きわめて実戦的な技をもっている。さまざまな武術の技を力学、解剖学、認知心理学の観点から解説。剣術、居合術、槍術、弓術、空手、ジークンドー、柔術、合気道、太極拳…知られざる奥義をQ&Aで解説した。

目次

第1章 武術とはなにか?
第2章 打撃の科学
第3章 剣術・居合の科学
第4章 武器の科学
第5章 歩法・体さばき・感覚を欺く科学
第6章 崩しの科学
第7章 気・心の科学

著者等紹介

吉福康郎[ヨシフクヤスオ]
1944年、滋賀県生まれ。東京大学理学部卒、同大学院理学系研究科(理論物理学)修了。理学博士(東京大学)。現在、中部大学工学部教授。専門分野は、スポーツ・バイオメカニクスと生命情報科学で、現在はスポーツ、特に格闘技や伝統武術の技の科学的解明のほかにヨーガと気功の実践も(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

魚京童!

13
誰か教えてくれないかなー。2015/05/20

ノイス

9
著者は東大教授らしいが、それにしては、あるいは東大だからこそなのか、あまり理系的な形式的な文体では無いように感じた。端的に言えば、Q&Aという体裁が意味をほぼなしておらず、内容に簡潔さを欠いていたり文を読まずとも図解を見れば分かったりしたのが少し残念だった。そういう読みづらさを除けば、体幹の筋肉を生かした相手の打ち破り方や抜重によるバランスの操り方など、武術の超常的な可能性を科学的に分析されており、面白く読めた。2016/05/10

K

7
内容をイメージすれば無敵2016/08/30

めいけふ

5
著者のこういう理論があるからきっとこれが武術の理論になってる!俺は経験者だからそうなんだ!って感じがして納得感がないです。科学をうたうなら科学的根拠を提示してほしかった。もっと科学ごりごりの人に研究してほしい。甲野さん派のやってることは悪いことじゃないと思うけどなかなかしっくりくるものがないなぁ。2013/06/12

成瀬雯悟

4
やっぱりわかりやすくておもしろい。空手編・柔道編・合気編……みたいな感じでシリーズ化してほしい。2020/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6758591

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。