労働法理論変革への模索―毛塚勝利先生古稀記念

個数:

労働法理論変革への模索―毛塚勝利先生古稀記念

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 1002/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797291780
  • NDC分類 366.14
  • Cコード C3332

内容説明

理論的課題の追究と変革を試みる。労働法の基本原理を問う。時代を画す意欲的論攷群39本。

目次

第1章 労働契約・就業規則論の再生を目指して
第2章 労働者・使用者概念の再構築を提言する
第3章 非典型雇用(有期・パート・派遣)法理の創生を希求して
第4章 差別とハラスメントの諸相を解析する
第5章 集団的労働関係法の可能性を探求して
第6章 労働紛争解決システムの課題を深化させる
第7章 労働・雇用政策と労働教育への新提言

著者等紹介

山田省三[ヤマダショウゾウ]
1948年8月生まれ。1981年中央大学大学院法学研究科博士課程満期退学。現在、中央大学大学院法務研究科教授

青野覚[アオノサトル]
1950年12月生まれ。1978年明治大学大学院法学研究科博士課程単位修得退学。現在、明治大学法学部教授

鎌田耕一[カマタコウイチ]
1952年8月生まれ。1986年中央大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、東洋大学法学部教授

浜村彰[ハマムラアキラ]
1953年2月生まれ。1984年法政大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期退学。流通経済大学助教授を経て、1994年から法政大学法学教授

石井保雄[イシイヤスオ]
1953年7月生まれ。1983年一橋大学大学院法学研究科博士課程単位修得。現在、獨協大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。