提言 学校安全法―子どもと学校を守る安全指針

個数:

提言 学校安全法―子どもと学校を守る安全指針

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 108p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784797291346
  • NDC分類 374.92
  • Cコード C3332

内容説明

池田小事件や寝屋川市の「不審者」学校乱入事件をはじめ、さまざまな危険と不安が学校現場で深刻な状況にある。子どもや教職員が安心して活動できる学校環境を整えるためには、国、自治体、学校の協働による総合的な学校安全対策が求められる。学校安全法や条例の制定など、政策実現へむけての具体的な指針となる緊急提言。

目次

1 提言・学校安全法(学校安全を問う基本的な視点;なぜ、いま、学校安全法なのか ほか)
2 地域・自治体でつくる「学校安全条例」(なぜ、学校安全条例なのか;あるべき学校安全条例を模索する)
3 裁判例から見た安全指針づくり―学校現場で取り組む学校安全指針(Safety Standard)(学校災害;裁判における事件・事故類型の推移 ほか)
資料編(学校安全法要綱案;学校安全・防犯対策の基本資料)