プライマリー刑事訴訟法

プライマリー刑事訴訟法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 329p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797291193
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C3332

内容説明

本書は刑事訴訟法の基礎知識の修得、原理・原則の把握、原理・原則の事例への適用をなるべく読みやすく、判りやすくし学習できることを狙いとしている。

目次

刑事司法の運用と刑事事件処理の概略
刑事裁判の2つの型と日本国憲法
刑事司法に関わる機関とその役割
刑事裁判への国民参加―裁判員制度
強制捜査と任意捜査
逮捕・勾留
取調べと弁護権・黙秘権
捜索・押収(検証・鑑定)
犯罪発生直後のおよび犯罪予防のための捜査活動
違法排除法則
訴追裁量の規制
訴因の特定
起訴状一本主義
証拠開示
迅速な裁判と公訴時効の制度
訴因の変更とその限界
公判の基本原理
挙証責任と無罪推定
自由法則,補強法則
伝聞法則
刑事裁判における被害者の役割
上訴制度
裁判の種類と裁判の確定
死刑の認定・執行の手続的規制
再審―誤った裁判の救済
特別手続
国際化に対応する刑事司法

著者等紹介

椎橋隆幸[シイバシタカユキ]
中央大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。