加藤雅信著作集 〈第3巻〉 不当利得論

個数:

加藤雅信著作集 〈第3巻〉 不当利得論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 915,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797289039
  • NDC分類 324.08
  • Cコード C3332

出版社内容情報

不当利得の研究は、著者の処女論文以来『財産法の体系と不当利得法の構造』で1つの結実を見たといえる【第1回目配本】。著者と不当利得の研究には、研究者としてのデビュー論文から密接不離の関係であったが、その処女作『財産法の体系と不当利得法の構造』において1つの結実を見た。その意味では著作集第3巻は、第1回目配本に相応しい船出である。第1部 序的考察、第2部 不当利得法の基本構成、第3部 統一的請求権と不当利得、第4部 不当利得法に混入していた若干の夾雑物、第5部 結語。

加藤 雅信[カトウ マサノブ]
名古屋学院大学教授、名古屋大学名誉教授