横井芳弘著作選集〈第1巻〉労働法の基礎理論

個数:

横井芳弘著作選集〈第1巻〉労働法の基礎理論

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5変判/ページ数 508p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797261714
  • NDC分類 366.14
  • Cコード C3332

内容説明

いま蘇る戦後労働法学の泰斗。

目次

1 労働法と人権(市民法と社会法;法曹派社会主義者としてのアントン・メンガー ほか)
2 労働法学の方法論(書評/沼田教授『運動のなかの労働法』―その方法論について;労働法の解釈―二、三の方法論的疑問について ほか)
3 社会・労使関係の変容と労働法学(いまなぜ“労基法見直し”なのか―立法論的な観点から;労働法制改編を問う―組合運動をすすめるにあたっての権利保障の観点から ほか)
4 権利闘争と労働法学(人間性の回復―その一手段としての組合運動の観点から;組合運動における常識 ほか)
5 労働法の法社会学的考察(近江絹糸:みたままきいたまま;臨時工―その実態と労働法上の諸問題 ほか)

著者等紹介

浜村彰[ハマムラアキラ]
法政大学法学部教授。1953年2月生まれ。1984年3月法政大学大学院社会科学研究科博士程単位取得

石井保雄[イシイヤスオ]
獨協大学法学部教授。1953年7月生まれ。1982年3月一橋大学大学院法学研究科博士課程単位取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。