憲法第9条改正問題と平和主義―争点の整理と検討

個数:
  • ポイントキャンペーン

憲法第9条改正問題と平和主義―争点の整理と検討

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5変判/ページ数 415p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797225822
  • NDC分類 323.149
  • Cコード C3332

目次

第1部 憲法9条改正の是非(憲法9条改正に対する各政党の意見;9条改憲の必要性とその論理;どうして憲法9条を改正してはならないのか;憲法改正理由の点検と護憲の必要性)
第2部 憲法9条を考察するための基本視角(憲法と国家―改憲論の立場から;戦争と人間;兵器の生産・使用制限について;歴史認識問題;コスタリカの試み)
第3部 国際情勢と憲法9条改正問題(冷戦終結に伴う国際環境の変化とアメリカの世界戦略;沖縄問題を見つめる一視点;中国・台湾情勢と日本;朝鮮半島情勢と日本;東アジアにおける平和構築)
第4部 法的観点から見た憲法9条改正問題(国際法・国際連合における安全保障の規制;日米安保条約と憲法9条―日米安保をどう評価するか;個別的自衛権とは;集団的自衛権;国際協調活動とは何か;平和的生存権について;憲法9条の改定により人権状況はどのように変化するか)