現代法哲学講義 (第2版)

個数:

現代法哲学講義 (第2版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 366p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797225693
  • NDC分類 321.1
  • Cコード C3332

出版社内容情報

アクチュアルなテーマを通して法哲学を学ぶ。利害が錯綜対立する実践的な14テーマを設定、検討する好評書が待望の改訂!★実践的で人気の書が、待望の改訂。法哲学は法曹に不可欠なdiscipline!★

【本書の特徴】

・具体的な紛争や社会問題の設定
・古典的主題と先端的主題の統合
・実定法学的問題と法哲学的思考との接合
・現代法哲学の多様な諸潮流の協働
?
アクチュアルなテーマを通して法哲学を学ぶ教科書の第2版。「法哲学は法曹にとって不可欠なdiscipline」との共通了解の下,実定法学上の問題を含む具体的な紛争や社会問題を設定し,法哲学の視点から考察を行う。遵法責務問題,地球環境問題と人権,グローバル化と世界正義,移民問題,臓器移植・臓器売買など,利害が錯綜対立する難問を計14テーマ設定し,信頼の執筆陣が検討を行う。

『現代法哲学講義〔第2版〕』 井上達夫(東京大学大学院法学政治学研究科教授)編

【目 次】

まえがき──なぜ法哲学を学ぶのか〔井上達夫?〕

◆第?部◆ 法思考と秩序の原理

◆テーマ1 法の支配と法的思考──「法の論理」は裁判官の法的思考をどこまで拘束しうるか〔高橋文彦〕
◆テーマ2 人格概念の法思想史的淵源とその変容〔桜井 徹〕
◆テーマ3 法と道徳──遵法責務問題を手掛かりにして〔横濱竜也〕
◆テーマ4 国際法秩序の再編──地球環境問題と人権を中心として〔郭 舜〕
◆テーマ5 正義は国境を越えうるか──世界正義の法哲学的基礎〔井上達夫〕

◆第?部◆ 市場・規制・分配的正義

◆テーマ6 市場社会と法──法は市場の公正な競争のために必要か〔山田八千子〕
◆テーマ7 社会保障法制度の再構築──不法行為法との比較の観点から〔浅野有紀〕
◆テーマ8 景観紛争における公共性──法と経済学の射程〔鳥澤 円〕
◆テーマ9 租税の正義──金融所得分離課税の法哲学的検討〔藤岡大助〕

◆第?部◆ 人権論の新地平

◆テーマ10 移民政策を規律する理念は存在するか──国益,文化の継承,そしてグローバルな正義〔石山文彦〕
◆テーマ11 家族の法からホームの権利へ──ジェンダー・親密圏・ケア〔池田弘乃〕
◆テーマ12 教育をめぐる自由と平等──日本戦後教育史からの問い〔那須耕介〕
◆テーマ13 犯罪と刑罰──受刑者の処遇と犯罪被害者の権利〔?関 良徳〕
◆テーマ14 生命倫理と法──臓器売買問題を中心として〔奥田純一郎〕

井上 達夫[イノウエ タツオ]
編集