ShoPro Books DC comics<br> スーパーマン・スマッシュ・ザ・クラン

個数:

ShoPro Books DC comics
スーパーマン・スマッシュ・ザ・クラン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月08日 19時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 238p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784796878180
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

舞台は1940年代。チャイナタウンからメトロポリスに引っ越してきたティーンエージャーの兄妹ロベルタ・リーとトミー・リー。
なんと新居の近所に住むのは、あの有名なヒーロー“スーパーマン”だった! 
ある夜をきっかけに、二人はスーパーマンと秘密結社クランの戦いに巻き込まれてしまう。
ロベルタとトミーはスーパーマンを助け、この戦いに勝利することができるのか?

内容説明

『あれが…スーパーマン?』舞台は1940年代。チャイナタウンからメトロポリスに引っ越してきたリー兄妹。メトロポリスでの毎日を楽しむ兄のトミーとは真逆に、妹のロベルタは自分の居場所を見つけられず、新しい環境になじめなかった。そんな二人の日常は、メトロポリスを守るヒーロー“スーパーマン”との出会いで激変!ある夜をきっかけに、二人は白人至上主義を掲げる秘密結社クランとの戦いに巻き込まれてしまう。ロベルタとトミー、そしてスーパーマンはこの戦いに勝利することができるのか?2020年ハーベイ賞ヤングアダルト部門受賞。

著者等紹介

ヤン,ジーン・ルエン[ヤン,ジーンルエン]
コミックあるいはグラフィック・ノベル原作者。自ら作画を手がけることもある。米国議会図書館が選ぶ第5代目児童文学大使として、彼は読書の推進、とくにその内容の多様性を推進している。ファースト・セコンド・ブックス社から刊行された初のグラフィック・ノベル『アメリカン・ボーン・チャイニーズ アメリカ生まれの中国人』は全米図書賞の最終候補なり、プリンツ賞、アイズナー賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Myrmidon

1
グリヒル(アーティストなので、あえて呼び捨てにします)のアートに引かれて軽い気持ちで読み始めたが、傑作だった。人種差別との戦いを正面から描きつつ、しっかりしたスーパーマンのオリジンにもなっている。スーパーマンが1946年のラジオドラマでKKK(をイメージした組織)と戦っているとは知らなかったな。今作中の差別主義者が必ず「私は差別主義者じゃない。しかし・・・」という話法を使うのも痛烈で面白かった。そして、何よりグリヒルのアートの良さよ。ライターのヤンもこの人が『シャン・チー』書くなら信頼できそうだ。2021/06/26

Oltmk

1
1940年代、チャイナタウンからメトロポリスに引っ越したリー家族の妹ロベルタは兄のトミーと違って新しい環境に馴染めずにいたがスーパーマンと出会う。しかし、白人至上主義者たちに襲われる… 作中でルーツを明かせないスーパーマンのアイデンティティーを中国系アメリカ人と白人至上主義の排外主義者たちとWW2戦後のストーリーと見事に絡めており実に面白かったです。グリヒル氏によって描かれるアートも観易く出来ており、アメコミを読むのに時間がかかる自分でも短く読む事が出来た。アメコミ初心者にもお勧めできます。2020/12/25

リチャード

1
アメリカの近代史とスーパーマンの出版史とクラーク・ケントの個人史を重ね合わせて新たな物語を紡ぎ出した傑作。表紙と全話を担当されたグリヒルさんの絵もめちゃくちゃキュート。2020/11/25

fap

1
意外と重い話だからこそ、この絵師が選ばれたのかも。 古くて身近で苦しい時代の話。 主人公のヒロインはちょっとだけ成熟したこどもだったから浮いていたのかな。 周囲を見下すような描写は見受けられなかったから、少々不自然に思えた。 「差別差別と叫ぶ奴が一番の差別者なのさ」 2020/11/23

tt23836148

0
まず一言グリヒル先生のアートが最高。リー一家がメトロポリスにやってきた様子がイキイキと描かれているし、本書のジュブナイルよりな内容にも似合っている。内容的にはメトロポリスに馴染もうとするリー一家と地球に馴染もうとするスーパマンがまるで鏡の様にリンクして描かれているのが秀逸ですね。そして後書きを読むと、リアルでも差別と戦ってきたスーパーマンが今この時代でも当時の舞台背景はそのままに見れるのが良し。個人的にはスーパーマンの衣装のルーツが知れたのが嬉しかった、イヤーワンでは言及がなかったので 。2021/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16735150

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。